即成院

即成院

即成院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。即成院(光明院)は平安時代末期の武将・那須与一(なすのよいち)が参詣し、武運を祈願したとされ、本堂裏には那須与一の墓とされる石塔があります。なお即成院は那須与一との縁から「那須の与一さん」と言われています。

【即成院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区泉涌寺山内町28
最寄り駅・バス停・・・泉涌寺道(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約5分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約5分)

スポンサードリンク


【即成院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00
年中無休

【即成院 拝観料金・料金(要確認)】
300円

【即成院 歴史・簡単概要】
即成院(そくじょういん)・那須与一さんは起源が明確ではありません。即成院は992年(正暦3年)恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)が伏見に建立した光明院が起源とも、寛治年間に藤原頼通(ふじわらのよりみち)の子・橘俊綱(たちばなのとしつな)が伏見山の山荘に阿弥陀如来・二十五菩薩像を安置し、即成就院・伏見寺と言われたのが起源とも言われています。その後1594年(文禄3年)関白・豊臣秀吉による伏見城の築城に伴って、深草大亀谷に移りました。明治維新後の廃仏毀釈により、一時廃寺になったが、仏像は泉涌寺に引き取られ、1899年(明治32年)塔頭・法安寺と合寺し、1902年(明治35年)には現在の場所に移りました。
即成院は真言宗泉涌寺派総本山・泉涌寺の塔頭です。
*参考・・・即成院即成院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【即成院 見どころ・文化財】
即成院の見どころは10月第3日曜に行われる二十五菩薩お練り供養です。二十五菩薩像の内、10体が当初のもので、残り15体は江戸時代に造られたそうです。

重要文化財・・・木造阿弥陀如来及び二十五菩薩像

【即成院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-561-3443

【即成院 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
泉山七福神巡り・泉涌寺(アクセス・見どころ・・・)情報
泉涌寺見どころ

【即成院 おすすめ散策ルート】
即成院からのおすすめ散策ルートは北側にあるJRの線路を越え、三十三間堂に向かうルートです。20分ほど散策すれば、東山の自然を感じながら三十三間堂まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお即成院周辺には泉涌寺以外にも戒光院・東福寺・龍吟庵・芬陀院(雪舟寺)・天得院・退耕院などもあり、それらを散策してから三十三間堂に向かってもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る