総見院特別公開2018/10/6~12/9

特別公開は京都の秋の風物詩です。特別公開は秋に行われています。特別公開では本堂・木造織田信長公坐像(重要文化財)・お茶室・信長公一族の墓が公開されます。木造織田信長公坐像は像底に1583年(天正11年)5月吉日に七条大仏師・宮内卿法印康清(こうせい)が制作した朱書の銘記があります。(詳細下記参照)

【特別公開 日程時間(要確認)】
特別公開2018は2018年(平成30年)10月6日(土曜日)~12月9日(日曜日)10:00~16:00まで行われます。なお10月19日(金曜日)・11月5日(月曜日)~8日(木曜日)・11日(日曜日)は休止です。また10月6日(土曜日)・7日(日曜日)・11月4日(日)・12月2日(日曜日)は11:00~16:00、10月18日(木曜日)は10:00~15:00です。

【特別公開・総見院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区紫野大徳寺町59
最寄り駅・バス停・・・大徳寺前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から総見院は101系統(B2乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは12系統、205系統
*四条烏丸からは12系統
*河原町丸太町からは204系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【特別公開 歴史・簡単概要】
総見院特別公開(とくべつこうかい)は秋に行われています。なお総見院は通常非公開です。
特別公開では本堂・木造織田信長公坐像(重要文化財)・お茶室・信長公一族の墓が公開されます。(変更の場合あり)
本堂は1928年(昭和3年)に禅堂を改修したものと言われています。なお正門・土塀だけが1583年(天正11年)の総見院創建当時のものと言われています。
木造織田信長公坐像は高さ約115センチの衣冠帯刀の木像で、本堂仏間に安置されています。木造織田信長公坐像は像底に1583年(天正11年)5月吉日に七条大仏師・宮内卿法印康清(こうせい)が制作した朱書の銘記があります。木造織田信長公坐像は香木・沈香(ぢんこう)で2体制作され、1体は遺骸の代わりに火葬され、市中に香木の匂いが漂ったとも言われています。
お茶室にはほう庵(ほうあん)・寿安席(じゅあんせき)・香雲軒(こううんけん)があります。ほう庵(ほうあん)には表千家14代家元・而妙斉(じみょうさい)筆による扁額が掛けられています。寿安席(じゅあんせき)は実業家・山口玄洞(やまぐちげんどう)が寄進しました。香雲軒は表千家13代家元・即中斎(そくちゅうさい)の好みと言われています。
信長公一族の墓には織田信長・濃姫(正室)・徳姫(息女)・おなべの方(側室)など一族7基の五輪石や墓が並んでいます。

【総見院 歴史・簡単概要】
総見院(そうけんいん)は1583年(天正11年)に関白・豊臣秀吉が1582年(天正10年)の本能寺の変で自刃した織田信長の一周忌追善法要の為に菩提寺として創建しました。総見院の名称は織田信長の法名・総見院殿贈大相国一品泰厳大居士(そうけんいんでんぞうだいしょうこくいっぽんたいげんだいこじ)に由来しています。ちなみに豊臣秀吉は当初織田信長が父・織田信秀の追善菩提の為に創建した大徳寺の塔頭・黄梅院(おうばいいん)を菩提寺として増改築したが、「小なり」として総見院を創建しました。明治維新後の廃仏毀釈によって伽藍の多くが破却され、大正時代に再建されました。1961年(昭和36年)に大徳寺に安置されていた織田信長木像が戻され、380年忌が行われました。なお大徳寺(だいとくじ)は1315年(正和4年)に臨済宗の僧である大燈国師(だいとうこくし)・宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が赤松円心(あかまつえんしん)の帰依を受け、紫野に小堂・大徳庵を建立したのが起源とも言われています。
総見院は臨済宗大徳寺派大本山・大徳寺の塔頭です。
*参考・・・総見院総見院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【特別公開 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
総見院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る