哲学の道

哲学の道

哲学の道(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。哲学の道には染井吉野・山桜・大島桜・里桜など約430本が植えられ、桜の名所になっています。なお桜は1922年(大正11年)大正から昭和期に活躍した日本画家・橋本関雪と妻・よねが苗木を寄贈したのが起源と言われています。

【哲学の道 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市左京区
最寄り駅・バス停・・・銀閣寺前(徒歩約2分)、銀閣寺道(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から哲学の道は5系統(A1乗り場)道、17系統(A2乗り場)道、100系統(D1乗り場)前・道
*四条河原町からは5系統道、17系統道、32系統前、203系統道  
*四条烏丸からは5系統道、32系統前・道、203系統道
*河原町丸太町からは17系統道、204系統道
南禅寺方面からのアクセス
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサードリンク


【哲学の道 拝観時間・時間(要確認)】
24時間

【哲学の道 拝観料金・料金(要確認)】
無料

【哲学の道 歴史・簡単概要】
哲学の道(てつがくのみち)は琵琶湖疏水沿いに銀閣寺付近から若王子神社に続く約1.8キロの道で、京都市内で唯一「日本の道100選」に選ばれています。明治時代には文人が多く住み、「文人の道」と言われていたが、その後哲学者・西田幾多郎や田辺元などが散策するようになり、「哲学の小径」・「散策の道」・「思索の道」・「疏水の小径」などと言われるようになりました。なお「哲学の道」と言われるようになったのは保存活動が始まった1972年(昭和47年)以降です。
*参考・・・哲学の道哲学の道(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【哲学の道 見どころ・文化財】
哲学の道の見どころは「関雪桜(かんせつざくら)」と言われる桜並木です。なお法然院近くにある西田幾多郎の歌碑「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」も見どころです。
京都桜名所

【哲学の道 連絡先(要確認)】

【哲学の道 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【哲学の道 おすすめ散策ルート】
哲学の道からのおすすめ散策ルートは南に進み、永観堂(禅林寺)を経由し、南禅寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、2時間ドラマでお馴染みの南禅寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルートの周辺には法然院・浄土寺・安楽寺・霊鑑寺・若王子神社などがあり、それらを散策しながら南禅寺に向かうのもいいかもしれません。

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る