雨宝院

雨宝院

雨宝院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。雨宝院の境内東南には旱魃(干ばつ)になっても枯れることなく、西陣五水(安居井(あぐい)・千代野井・桜井・鹿子井(かのこい))のひとつに数えられて染殿井(そめどのい)があります。染殿井は西陣の染物に使うとよく染まるとも言われています。

【雨宝院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市上京区智恵光院通上立売上る聖天町9-3
最寄り駅・バス停・・・今出川大宮(徒歩約7分)、今出川浄福寺(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から雨宝院は101系統(B2乗り場)大 
*四条河原町からは51系統大、59系統大浄、201系統浄、203系統浄
*四条烏丸からは51系統大、101系統大、201系統大浄、203系統浄
*河原町丸太町からは59系統大浄
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は今出川駅(徒歩約15分)

【雨宝院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00

【雨宝院 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【雨宝院 歴史・簡単概要】
雨宝院(うほういん)・西陣の聖天さんは821年(弘仁12年)に真言宗の開祖である弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇の病いの平癒の為、象頭人身の大聖歓喜天を刻んで祈祷したことが起源と言われています。その後応仁の乱の兵火によって堂宇は荒廃し、天正年間(1573年~593年)に現在の場所に再興されました。しかし1788年(天明8年)の天明の大火で焼失し、その後再び再建されました。なお雨宝院の本尊・大聖歓喜天(聖天十一面観世音菩薩)脇には雨宝童子が祀られ、雨宝院の名称の由来になっています。
雨宝院は真言宗の寺院です。
*参考・・・雨宝院

【雨宝院 見どころ・文化財】
雨宝院の見どころは本堂前の歓喜桜・時雨の松です。歓喜桜は世界遺産である仁和寺の御室有明(御室桜)と同種と言われています。ちなみに御室桜は国の名勝で、日本さくら名所100選にも選定されています。なお時雨の松は久邇宮朝彦親王(くにのみやあさひこしんのう)がにわか雨をしのがれたと言われています。

【雨宝院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-441-8678

【雨宝院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【雨宝院 おすすめ散策ルート】
雨宝院からのおすすめ散策ルートは今出川通を西に向かい、京都御苑に向かうルートです。20分ほど散策すれば、京都御苑に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお京都御苑周辺には京都御所・仙洞御所があり、それらを散策するのもいいかもしれません。ただ京都御所・仙洞御所の拝観には事前の申込みが必要です。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭
    祇園祭人気イベントを紹介しています。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1ヶ…
  2. 左大文字
    五山送り火2017(五山の送り火・大文字焼き)は京都の夏の風物詩です。五山送り火は毎年8月16日に行…
  3. 祇園祭
    祇園祭2017日程一覧を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る