宇治上神社

宇治上神社

宇治上神社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)宇治上神社本殿は平安時代後期に伐採された木材が使われ、左右の社殿が大きく中央の社殿が小さい三殿からなる一間社流造り(いっけんしゃながれつくり)です。なお本殿は日本最古の神社建築だと言われています。

【宇治上神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府宇治市宇治山田59

【宇治上神社 アクセス(電車)】
最寄り駅・バス停・・・京阪宇治駅(徒歩約10分)、JR宇治駅(徒歩約20分)
アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*祇園四条駅からは京阪電鉄本線・宇治線
*京都駅から宇治上神社はJR奈良線

【宇治上神社 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30

【宇治上神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【宇治上神社 歴史・簡単概要】
宇治上神社(うじがみじんじゃ・うじかみじんじゃ)は古墳時代の菟道稚郎子皇子(うじのわきいらつこのみこと)の離宮・桐原日桁宮(きりはらのひげたのみや)跡と言われています。宇治上神社は起源が明確ではなく、山城国司が醍醐天皇の勅によって社殿を造営したのが起源とも言われています。また宇治上神社は1052年(永承7年)関白・藤原頼通(ふじわらのよりみち)が別荘・宇治殿の寝殿を本堂に改めた平等院(びょうどういん)の鎮守社として造営されたとも言われています。宇治上神社は近くの宇治神社(うじじんじゃ)と一体の存在で、宇治離宮明神(八幡宮)・離宮社などとも称され、離宮上社・本宮などとも言われました。なお宇治上神社は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
*参考・・・宇治上神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ宇治上神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【宇治上神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
宇治上神社の見どころは国宝であり、日本最古の神社建築と言われている本殿です。また宇治上神社近くにあり、「天降石」や「岩神さん」と言われている巨石も見どころです。
宇治上神社見どころ(見所)詳細

国宝・・・本殿、拝殿
重要文化財・・・摂社春日神社本殿、本殿扉絵(板絵著色)

【宇治上神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0774-21-4634

【宇治上神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
平等院(アクセス・見どころ・・・)情報
平等院見どころ

【宇治上神社 おすすめ散策ルート】
宇治上神社からのおすすめ散策ルートは宇治神社を経由し、宇治川を渡って平等院に向かうルートです。宇治上神社と同じく平等院は世界遺産の為、30分ほど散策すれば、2か所の世界遺産を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルート周辺には源氏物語の世界を感じることができる源氏物語ミュージアムもあり、楽しんでから散策してもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る