梅宮大社

梅宮大社

梅宮大社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)梅宮大社のパワースポット・またげ石2個は本殿の東側にあり、またぐと子宝に恵まれると言われています。なおまたげ石は嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子が梅宮大社に祈願し、仁明天皇を授かったことに由来すると言われています。

【梅宮大社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
最寄り駅・バス停・・・梅宮大社前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から梅宮大社は28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは3系統
*四条烏丸からは3系統、29系統
*河原町丸太町からは3系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*阪急電鉄嵐山線の場合、最寄り駅は松尾大社駅(徒歩約10分)

【梅宮大社 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00 受付16:30終了
年中無休

【梅宮大社 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人・大学生・高校生500円、中学生・小人300円

団体(20名以上)
大人・大学生・高校生450円、中学生・小人250円

スポンサーリンク


【梅宮大社 歴史・簡単概要】
梅宮大社(うめのみやたいしゃ)は奈良時代前期に第30代・敏達天皇の後裔で、橘氏の祖・橘諸兄(たちばなのもろえ)の母・県犬養三千代(あがたいぬかいみちよ・橘三千代)が橘氏一門の氏神として山城国相楽郡井出庄(京都府綴喜郡井出町)に祀ったのが起源と言われています。その後第45代・聖武天皇の妃・光明皇后と藤原南家の祖・藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)の夫人・牟婁女王(むろじょうおう)が奈良に移し、更に泉川(木津川)の上流・かせ山に移し、平安時代前期に第52代・嵯峨天皇の妃・檀林皇后(橘嘉智子・たちばなのかちこ)が現在の場所に移し、親しく行啓して盛大な祭儀が行われたと言われています。橘嘉智子は嵯峨天皇の妃になったが、子供を授からなかったことから梅宮大社に祈願するとやがて第54代・仁明天皇を授かったとも言われ、子授け・安産の神として信仰されるようになりました。その後「延喜式神名帳(927年(延長5年))」では名神大社とされ、祈年祭などでは朝廷から幣帛(へいはく)を賜り、明神二十二社・下八社に加えられました。なお梅宮大社は本殿に酒解神(さかとけのかみ)・大若子神(おおわくこのかみ)・小若子神(こわくこのかみ)・酒解子神(さかとけこのかみ)、相殿に嵯峨天皇・橘嘉智子・仁明天皇・橘清友を祀っています。
*参考・・・梅宮大社(アクセス・歴史・・・)ホームページ梅宮大社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【梅宮大社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
梅宮大社社の見どころは2個のまたげ石です。子供が欲しい方はまたぐといいかもしれません。また熊野から飛来した3羽のカラスが石と化したと言われる3個の影向石(ようごうせき)も見どころです。なお梅宮大社は梅の名所の為、春に訪れてもいいかもしれません。
梅宮大社梅見ごろ梅宮大社桜見ごろ
京都梅名所・見頃京都つつじ見ごろ・さつき見ごろ

【梅宮大社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-861-2730

【梅宮大社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
京都パワースポット

【梅宮大社 おすすめ散策ルート】
梅宮大社からのおすすめ散策ルートは桂川を渡り、松尾大社に向かうルートです。15分ほど散策すれば、松尾大社まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお松尾大社から更に30分ほど南西に散策すれば、世界遺産である苔寺(西芳寺)や鈴虫寺(華厳寺)に行くことができ、そこまで散策するのもいいかもしれません。なお苔寺の拝観には事前の申込みが必要です。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 東寺夜桜ライトアップ

    2018年4月のイベント

    京都市内などで2018年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 葵祭

    葵祭2018人気イベント

    葵祭2018人気イベントを紹介しています。葵祭2018人気イベント5月15日の路頭の儀(行列)です。…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る