雲龍院

雲龍院

雲龍院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。雲龍院は泉涌寺の塔頭と同じく、泉涌寺の山内にあるが、勅願寺だったことなどから泉涌寺派の別格本山となっています。なお雲龍院では明治初年に完成した霊明殿で、後光厳天皇をはじめとした歴代天皇の尊牌を祀っています。

【雲龍院 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区泉涌寺山内町36
最寄り駅・バス停・・・泉涌寺道(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から雲龍院は208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約15分)

【雲龍院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30(冬季) 受付16:30終了
9:00~17:00(夏季) 受付16:30終了

【雲龍院 拝観料金・料金(要確認)】
400円、抹茶付き900円、写経(拝観料金・抹茶込)1,500円

スポンサーリンク


【雲龍院 歴史・簡単概要】
雲龍院(うんりゅういん)は1372年(応安5年)に北朝第4代・後光厳天皇の勅願により、竹巌聖皐律師(ちくがんしょうこうりっし)を開山として創建されました。1389年(康応元年)に北朝第5代・後円融天皇が龍華殿を建立し、如法写経を行いました。その後火災や応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失したが、1501年(文亀元年)に第104代・後柏原天皇から第103代・後土御門天皇の御殿を賜り、本堂が再建されました。その後江戸時代初期に如周宗師(じょしゅうそうし)が後円融天皇にゆかりがあり、隣接していた龍華院(龍華殿)を合寺しました。なお雲龍院は迷年成人の日に行われている泉涌寺七福神巡りでは5番・大黒天になります。
雲龍院は真言宗泉涌寺派総本山・泉涌寺の別格本山です。
*参考・・・雲龍院(アクセス・歴史・・・)ホームページ雲龍院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【雲龍院 見どころ・文化財】
雲龍院の見どころは重要文化財である本堂(龍華殿)です。なお雲龍院は梅・桜・紅葉の名所の為、春や秋に訪れてもいいかもしれません。
京都梅名所・見頃
京都桜見頃・桜だより
京都紅葉名所・見頃

重要文化財・・・本堂(龍華殿)、絹本著色後円融院像、法華経(開結共)

【雲龍院 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-561-5209

【雲龍院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【雲龍院 おすすめ散策ルート】
雲龍院からのおすすめ散策ルートは新熊野神社を経由し、北側にあるJRの線路を越え、三十三間堂に向かうルートです。20分ほど散策すれば、東山の自然を感じながら三十三間堂まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお三十三間堂周辺には法住寺・養源院・方広寺・豊国神社・智積院・妙法院もあり、それらも散策してもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る