八坂神社

八坂神社

八坂神社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。八坂神社のパワースポット・力水(祗園神水)は飲み、末社・美御前社にお参りすると美しくなるとの言われています。なお八坂神社は府民・市民に愛され、親しみを込めて「祇園(ぎおん)さん」と呼ばれています。

【八坂神社 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区祇園町北側625番地
最寄り駅・バス停・・・祇園(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から八坂神社は100系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは46系統、201系統、203系統、207系統
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約5分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約8分)

スポンサードリンク


【八坂神社 拝観時間・時間(要確認)】
24時間 
年中無休

【八坂神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

【八坂神社 歴史・簡単概要】
八坂神社(やさかじんじゃ)は起源が明確ではありません。八坂神社は656年(斉明天皇2年)高麗から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を山城八坂郷に奉斎したのが起源とも、876年(貞観18年)南都の僧・円如が堂(観慶寺)を建立し、薬師千手等の像を奉安したのが起源とも言われています。869年(貞観11年)流行した疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が神泉苑で行われたのが祇園祭の起源と言われ、970年(天禄元年)からは毎年御霊会が行われるようになりました。なお八坂神社は以前感神院(かんしんいん)・祇園社(ぎおんしゃ)という名称でした。
八坂神社は全国の八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする神社の総本社です。
八坂神社歴史年表
*参考・・・八坂神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ八坂神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【八坂神社 見どころ・文化財】
八坂神社の見どころは祭礼・祇園祭です。祇園祭は7月に行われ、葵祭(5月)・時代祭(10月)と合わせ、京都三大祭りに数えられています。また四条通から見える楼門(西楼門)も見どころです。なお楼門は正門ではなく、正門は南側にあります。
八坂神社見どころ(見所)詳細
八坂神社(見どころ)七不思議
祇園祭(ぎおんまつり)

重要文化財・・・楼門、本殿、末社蛭子社社殿、石鳥居、木造狛犬、太刀、鉦鼓(長承三年銘)、紙本着色祇園社絵図、祇園執行日記、八坂神社文書など

【八坂神社 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-561-6155

【八坂神社 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】
*京都バスの場合、京都駅からは17系統(C3乗り場)、最寄りのバス停は四条河原町(徒歩約10分)
京都バス・アクセスダイヤ
京都初詣ランキング
東山花灯路

【八坂神社 おすすめ散策ルート】
八坂神社からのおすすめ散策ルートはねねの道(ねねの小径)・二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)を経由し、清水寺に向かうルートです。ルートの周辺には八坂の塔(法観寺)・坂本龍馬の墓(京都霊山護国神社)・高台寺・石塀小路などもあり、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお八坂神社の周辺には花街である祇園や先斗町があり、それらを散策してから八坂神社・清水寺に向かってもいいかもしれません。

スポンサードリンク

イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る