八坂神社観光地図

八坂神社

京都観光・旅行では祇園のシンボルである八坂神社を訪ねる方が多いと思うが、八坂神社周辺には八坂神社以外の魅力的な寺社がたくさんあります。時間のある方は八坂神社観光マップを見ながらのんびり散策するのもいいかもしれません。なお京都観光・旅行でおすすめする寺社は下記の通りです。

【八坂神社観光マップ・周辺地図】

【八坂神社 歴史・簡単概要】
八坂神社は656年(斉明天皇2年)高麗から来日した調進副使・伊利之使主が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)を奉斎して創建したのが起源とも言われています。なお祭礼・祇園祭は869年(貞観11年)に流行した疫病を鎮める際に神泉苑で行われた御霊会(ごりょうえ)が起源です。
八坂神社(アクセス・見どころ・・・)
八坂神社見どころ

スポンサーリンク


【知恩院 歴史・簡単概要】
知恩院は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が東山・吉水(よしみず)に草庵を結んだのが起源です。なお法然上人は「観経疏」を読み、「南無阿弥陀仏」と一心に声高くた称えることにより、人々が極楽往生できるという専修念仏(せんじゅねんぶつ)の思想に開眼しました。
知恩院(アクセス・見どころ・・・)

【青蓮院 歴史・簡単概要】
青蓮院は天台宗の開祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄が比叡山延暦寺を創建し、山頂に造った僧侶の住坊のひとつ「青蓮坊」が起源と言われています。なお東山山頂にある将軍塚青龍殿には国宝であり、日本三大不動である青不動(不動明王ニ童子像)が安置されています。
青蓮院(アクセス・見どころ・・・)

【高台寺 歴史・簡単概要】
高台寺は1606年(慶長11年)関白・豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が1598年(慶長3年)に亡くなった秀吉の菩提を弔う為に創建しました。なお霊屋(おたまや)は桃山様式の蒔絵が装飾され、北政所が持っていたと言われている蒔絵調度類があることから「蒔絵の寺」とも言われています。
高台寺(アクセス・見どころ・・・)

【八坂の塔 歴史・簡単概要】
八坂の塔・法観寺は伝承によると592年聖徳太子が如意輪観音の夢告により、五重塔を建立して仏舎利を三粒を収めたのが起源とも言われています。なお現在の八坂の塔(五重塔)は室町幕府第6代将軍・足利義教が再建し、東寺(教王護国寺)・興福寺の五重塔に次ぐ高さです。
八坂の塔(アクセス・見どころ・・・)

【清水寺 歴史・簡単概要】
清水寺は778年(宝亀9年)延鎮上人(えんちんしょうにん)が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢により、音羽山に庵を結んだのが起源です。なお清水の舞台は釘を1本も使わず、139本のケヤキの柱で組み上げられ、「清水の舞台から飛び降りる」という語源になりました。
清水寺(アクセス・見どころ・・・)

【建仁寺 歴史・簡単概要】
建仁寺は1202年(建仁2年)栄西禅師(えいさいぜんじ・ようさいぜんじ)が鎌倉幕府2代将軍・源頼家が援助により、宋・百丈山を模して建立しました。なお風神雷神図は江戸時代初期の絵師・俵屋宗達(たわらやそうたつ)が描き、国宝に指定されています。(現在京都国立博物館に寄託)
建仁寺(アクセス・見どころ・・・)

【辰巳大明神 歴史・簡単概要】
辰巳大明神は御所の南東(辰巳)にあって南東の守護として祀られたとも、巽橋に棲んで、芸舞妓などを誑かす悪戯を働いていた狸が悪戯をしないことを約束したことから狸を祀ったとも言われています。なお辰巳大明神は芸舞妓の技芸上達に信仰され、祇園のお稲荷さんとも言われています。
辰巳大明神(アクセス・見どころ・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る