養源院

養源院

養源院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)養源院は1600年(慶長5年)に東軍・徳川家の家臣・鳥居元忠らが西軍・石田三成に破れ、自刃した伏見城の殿舎が使われ、血天井と言われています。なお養源院の襖絵と杉戸絵は自刃した将兵の霊を供養する為に描かれました。

【養源院 アクセス・地図】*アドレス変更により、順次置き換え中です。
場所・・・京都府京都市東山区三十三間堂廻り町656
最寄り駅・バス停・・・博物館・三十三間堂前(徒歩約5分)、東山七条(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は七条駅(徒歩約12分)

【養源院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00
1月・5月・9月の21日の午後は拝観できません。

【養源院 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人・大学生・高校生・中学生500円、小人300円

団体(30人以上)
大人・大学生・高校生・中学生400円、小人250円

スポンサーリンク


【養源院 歴史・簡単概要】
養源院(ようげんいん)は1594年(文禄3年)関白・豊臣秀吉の側室・淀殿(よどどの)が父・浅井長政(あざいながまさ)らの21回忌の供養の為に秀吉に願って、天台僧・成伯法印(じょうはくほういん)を開山として創建したのが起源です。養源院の名称は長政の院号・養源院天英宗清に由来します。その後1619年(元和5年)落雷による火災によって焼失し、1621年(元和7年)淀殿の妹で、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の正室・お江(崇源院)の願により、伏見城の中の御殿を移して再建され、徳川家の菩提所になりました。1945年(昭和20年)に天台宗から浄土真宗遣迎院派に改められました。なお養源院には徳川秀忠から慶喜までの江戸幕府歴代将軍の位牌が祀られています。
養源院は浄土真宗遣迎院派の寺院です。
*参考・・・養源院(アクセス・歴史・・・)ホームページ養源院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【養源院 見どころ・文化財】
養源院の見どころは小堀遠州作庭の庭園です。小堀遠州の父・小堀政一は浅井家・豊臣家に仕えていました。

重要文化財・・・金地着色松図、着色杉戸絵

【養源院 連絡先(現在確認中・要確認)】*むやみに電話しないで下さい。情報収集はネットで行って下さい。
電話番号・・・075-561-3887

【養源院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【養源院 おすすめ散策ルート】
養源院からのおすすめ散策ルートは智積院・妙法院を経由し、清水寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、東山の自然を感じながら世界遺産である清水寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお養源院周辺には法住寺・三十三間堂・方広寺・豊国神社・国立博物館もあり、それらを散策してから清水寺に向かってもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 大文字
    五山送り火スポット情報を紹介しています。五山送り火スポットは五山(大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居…
  2. 広沢池灯籠流し
    五山送り火(鳥居形)と灯籠流し(嵐山灯篭流し・広沢池灯籠流し)を同時に楽しめる鑑賞スポット情報を紹介…
  3. 京の七夕
    京の七夕2017は京都の夏の風物詩です。京の七夕は毎年8月に行われています。京の七夕は鴨川会場・堀川…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る