随心院

随心院

随心院・隨心院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)随心院がある「小野」は小野氏が栄えた場所で、仁明天皇に仕え、歌人としても有名な小野小町も「小野」の出で、宮中を退いて後は「小野」で過ごしたと言われています。随心院には小野小町の晩年の姿とされる卒塔婆小町像が残っています。

【随心院・隨心院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市山科区小野御霊町35

【随心院・隨心院 アクセス(京阪バス)】
最寄りバス停・・・小野駅(徒歩約5分)
アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*四条大宮・四条烏丸・四条河原町・三条京阪からは83系統、83A系統、84系統、86系統、86B系統、87A系統、87B系統、88B
京阪バス・アクセスダイヤ

【随心院・隨心院 アクセス(電車)】
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は小野駅(徒歩約5分)

【随心院・隨心院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30

【随心院・隨心院 拝観料金・料金(要確認)】
大人・大学生・高校生400円、中学生300円、小人無料

スポンサーリンク


【随心院・隨心院 歴史・簡単概要】
随心院(ずいしんいん)・隨心院は楊貴妃・クレオパトラ7世とともに世界三大美人に数えられ、絶世の美女と謳われた女流歌人・小野小町邸があった場所とも言われています。また随心院は991年(正暦2年)に雨僧正とも言われる真言宗小野流の開祖・仁海僧正(にんがいそうじょう)が第66代・一条天皇から土地を賜って創建した牛皮山曼荼羅寺(ぎゅうひさんまんだらじ)があった場所とも言われています。随心院は鎌倉時代に曼荼羅寺第5世住持・増俊(ぞうしゅん)が曼荼羅寺の塔頭(たっちゅう)として創建したのが起源と言われています。その後第84代順徳天皇、第86代・後堀河天皇、第87代・四条天皇の祈願所になり、1229年(寛喜元年)には後堀河天皇の宣旨(せんじ)によって門跡寺院になり、一条家・二条家・九条家などから入寺したと言われています。しかし応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって伽藍の多くを焼失し、その後九条唐橋などを度々移り、1599年(慶長4年)に曼陀羅寺の故地に本堂が再建されました。
随心院は真言宗善通寺派の大本山です。
*参考・・・随心院(アクセス・歴史・・・)ホームページ随心院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【随心院・隨心院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
随心院の見どころは小野梅園と小町庭苑です。梅園に山紅梅・白梅・薄紅梅など約230本の梅があり、2月末から3月中旬が見頃になります。(要確認)なお随心院は紅葉の名所でもあり、見どころです。
京都梅名所・見頃
京都紅葉名所・紅葉見ごろ2017

重要文化財・・・木造阿弥陀如来坐像、木造金剛薩た(こんごうさった)坐像、絹本著色愛染曼荼羅図、随心院文書、紙本金地着色蘭亭曲水図

【随心院・隨心院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-571-0025

【随心院・隨心院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【随心院・隨心院 おすすめ散策ルート】
随心院からのおすすめ散策ルートは勧修寺に向かうルートです。10分ほど散策すれば勧修寺まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお随心院周辺には観光スポットはあまり多くありません。その為次の観光スポットに向かい、その観光スポット周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2017年12月のイベント

    京都市内などで2017年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 京駅都イルミネーション

    クリスマスイルミネーション2017

    クリスマスイルミネーションは京都の初冬の風物詩です。クリスマスイルミネーションは12月25日のクリス…
  3. 嵐山花灯路

    渡月橋ライトアップ2017/12/8~17

    ライトアップ2017は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯路の一…
  4. 竹林の道

    竹林の道ライトアップ2017/12/8~17

    ライトアップ2017は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯路の…
  5. 嵐山花灯路

    嵐山花灯路2017/12/8~17

    嵐山花灯路2017は京都の晩秋の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯路は嵐山…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る