金閣寺不動堂開扉法要2015/8/16

金閣寺不動堂

金閣寺不動堂開扉法要2015は京都の(日程・時間・・・)を紹介しています。不動堂開扉法要は毎年五山送り火と同じ8月16日と節分の日である2月3日に行われます。不動堂開扉法要では大般若経の祈祷が行われ、法要の前後の時間には不動堂内を参拝することができます。(詳細下記参照)

【金閣寺不動堂開扉法要2015 日程時間(要確認)】
金閣寺不動堂開扉法要2015は2015年8月16日(日曜日)9:00・12:00から行われます。

【金閣寺不動堂開扉法要2015 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区金閣寺町1
最寄り駅・バス停・・・金閣寺前(徒歩すぐ)・金閣寺道(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から金閣寺は101系統(B2乗り場)道、205系統(B3乗り場)道
*四条河原町からは12系統前・道、59系統前道、205系統道
*四条烏丸からは12系統前、101系統道
*河原町丸太町からは59系統前道、204系統道、205系統道
金閣寺アクセス(バス・地下鉄・私鉄・・・)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【金閣寺不動堂開扉法要 歴史・簡単概要】
金閣寺不動堂開扉法要(ふどうどうかいひほうよう)は毎年五山送り火と同じ8月16日と節分の日である2月3日の年2回だけ行われる重要な行事です。不動堂開扉法要では大般若経の祈祷が行われ、法要の前後の時間には不動堂内を参拝することができます。なお不動堂は天正年間(1573年~1590年)に豊臣政権の五大老の一人だった宇喜多秀家(うきたひでいえ)が再建したと言われています。不動堂は金閣寺山内の最古の建物とも言われています。
不動堂に安置されている本尊(秘仏)・石不動明王は弘法大師・空海作とも言われています。石不動明王には体の悪い部分と同じ場所をなでると病気が平癒するご利益があると言われています。特に眼病に霊験があると言われています。なお不動堂には鎌倉時代に造られた不動明王立像(重要文化財)も安置されています。

【金閣寺 歴史・簡単概要】
金閣寺(きんかくじ)・鹿苑寺(ろくおんじ)は1224年(元仁元年)に公卿・西園寺公経(さいおんじきんつね)が山荘・北山第(きたやまてい)を造営し、氏寺・西園寺を創建した場所です。その後鎌倉幕府の滅亡や南朝初代で、第96代・後醍醐天皇の暗殺未遂により、西園寺氏の所領などは没収されて荒廃しました。1397年(応永4年)に室町幕府3代将軍・足利義満が河内の領地との交換により、山荘・北山第を譲り受けて御所・北山殿(きたやまどの)を造営しました。1394年(応永元年)に義満は将軍職を嫡男で、4代将軍・足利義持に譲っていたが、その後も北山殿で政務を行いました。しかし1408年(応永15年)の義満没後の1409年(応永16年)に義持が北山殿の一部を破却し、1419年(応永26年)に義満の妻・日野康子(北山院)が亡くなると舎利殿(金閣)以外の寝殿などは解体され、南禅寺・建仁寺・等持寺などに移されたと言われています。1420年(応永27年)に義満を開基、夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)を開山として、舎利殿(金閣)を中心に禅寺・北山鹿苑寺に改められました。鹿苑寺の名称は義満の法号「鹿苑院殿」に由来しています。
金閣寺は臨済宗相国寺派大本山・相国寺の境外塔頭です。
*参考・・・金閣寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ金閣寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【金閣寺不動堂開扉法要2015 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
不動堂開扉法要2015では午前中五山送り火(左大文字)で焚かれる護摩木の受け付けも行われます。
金閣寺(アクセス・見どころ・・・)情報
金閣寺歴史年表
金閣寺見どころ金閣寺見所ランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 聖徳太子御火焚祭
  2. 白峯神宮御火焚祭
  3. 御茶壺奉献祭・口切式
  4. 天神市
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る