新日吉神宮火焚祭(日程・時間・・・)

新日吉神宮

新日吉神宮火焚祭2015(日程・時間・・・)を紹介しています。火焚祭は毎年11月14日に行われます。火焚祭では氏子などの願いが込められた護摩木(火焚串)が焚き上げられるだけでなく、湯立神楽も行われます。湯立神楽のお湯を浴びると無病息災で過ごせると言われています。(詳細下記参照)

新日吉神宮・火焚祭(最新日程)

【新日吉神宮火焚祭2015 日程時間(要確認)】
新日吉神宮火焚祭2015は2015年11月14日(土曜日)15:00から行われます。

【新日吉神宮火焚祭2015 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区妙法院前側町451-1
最寄のバス停・・・東山七条(徒歩約7分)

市バスの路線は次の通りです。
*京都駅からは100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都 市バスホームページ

スポンサーリンク

【新日吉神宮火焚祭 歴史・簡単概要】
新日吉神宮火焚祭(ひたきさい)は秋の収穫・五穀豊穣に感謝し、氏子などの願いが込められた護摩木(火焚串)を護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。護摩壇ではみかんも焼かれ、お下がりになります。焼きみかんには風邪よけのご利益があると言われています。なお火焚祭では舞殿前で湯立神楽(ゆだてかぐら)も行われます。大釜に湯を沸かし、清めの塩・酒などを入れ、釜の中に入れた笹を勢いよく振って湯を飛ばし、その湯を浴びると無病息災などのご利益があると言われています。

【新日吉神宮 歴史・簡単概要】
新日吉神宮(いまひえじんぐう)は平安時代後期の1160年(永暦元年)に後白河上皇(第77代・後白河天皇)が院の御所(離宮)・法住寺殿(ほうじゅうじどの)を造営した際、延暦寺(えんりゃくじ)の守護神・日吉大社(ひえたいしゃ・ひよしたいしゃ)から山王七社(上七社)を鎮守社として勧請したのが起源と言われています。新日吉神宮の別当寺として、天台三門跡に数えられる妙法院(みょうほういん)が延暦寺山内から八坂神社(祇園社)西側に移されました。その後度々移ったり、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火などによって荒廃したが、江戸時代前期の1640年(寛永17年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)を祀って廃絶した豊国神社(とよくにじんじゃ・豊国社)・豊国廟(ほうこくびょう)の参道上に再建されました。1897年(明治30年)に関白・豊臣秀吉を祀る豊国廟が再興された際に現在の場所に移りました。1958年(昭和33年)に第77代・後白河天皇を増祀し、1959年(昭和34年)に社号を新日吉神宮に改めしました。なお新日吉神宮は主祭神に日吉山王七神(大山咋命・大己貴命・玉依比売命・大山咋命荒魂・田心比売命・菊理比売命・玉依比売命荒魂)・後白河天皇を祀り、相殿に素盞嗚尊・大年神を祀っています。
*参考・・・新日吉神宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ新日吉神宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【新日吉神宮火焚祭2015 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
新日吉神宮火焚祭ではみかんだけでなく、湯立神楽に使われた笹(福笹)もお下がりになります。
新日吉神宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る