安井金比羅宮春季金比羅大祭2015/5/10

金比羅大祭

春季金比羅大祭2015は京都の春の風物詩です。春季金比羅大祭は毎年5月の第2日曜日に行われます。火焚神事では境内に護摩壇が設けられ、願い事を書いた護摩木が燃やされます。なお春季金比羅大祭ではお茶席(招待者のみ)や模擬店が設けられることもあります。

【春季金比羅大祭2015 日程時間(要確認)】
春季金比羅大祭2015は2015年5月10日(日曜日)11:30から本殿祭、13:00から火焚神事が行われます。

【春季金比羅大祭2015・安井金比羅宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約1分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【春季金比羅大祭 歴史・簡単概要】
春季金比羅大祭は春の火焚き祭とも言われ、無病息災・家内安全・交通安全などを祈願します。なお火焚神事では境内に護摩壇が設けられ、宮司・氏子・招待者などが願い事を書いた護摩木を護摩壇に投げ入れて燃やします。一般の参列者が投げ入れを勧められる場合もあります。

【安井金比羅宮 歴史・簡単概要】
安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は藤原鎌足が藤原氏の繁栄を祈願する一堂を創建し、藤を植えた藤寺が起源と言われています。崇徳天皇は藤を愛でる為に度々行幸しました。その後1177年(治承元年)大円法師が藤寺・観音堂を参拝した際に崇徳天皇の霊が現れた為、建治年間に後白河法皇の詔により、光明院観勝寺が建立されました。しかし応仁の乱の兵火によって荒廃し、1695年(元禄8年)太秦安井の蓮華光院跡に移され、鎮守として崇徳天皇に加えて、讃岐・金刀比羅宮から勧請した大物主神(おおものぬし)と源頼政を祀りました。明治維新後の廃仏毀釈によって光明院観勝寺は廃寺になり、安井神社と名称を改め、第二次大戦後には更に安井金比羅宮に改めました。
*参考・・・安井金比羅宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ安井金比羅宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【春季金比羅大祭2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
火焚神事の最中は穴をくぐると悪縁を切り、良縁を結ぶことができると言われている縁切り縁結び碑(いし)をくぐることはできません。なお火焚神事の前には縁切り縁結び碑に水が掛けられ、貼られたお札に延焼しないようにされています。
安井金比羅宮(アクセス・見どころ・・・)情報安井金比羅宮見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る