晴明神社晴明祭2015/9/23

晴明祭

晴明祭2015(日程・時間・・・)を紹介しています。晴明祭は毎年秋に行われています。晴明祭の神幸祭では神輿の巡幸が行われ、宵宮祭では湯立神楽が奉納されます。なお神幸祭では神輿だけでなく、少年鼓笛隊・菊鉾・扇鉾・獅子・御神宝・八乙女・四神稚児なども一緒に巡幸します。

【晴明祭2015 日程時間(要確認)】
晴明祭2015は2015年9月23日(水曜日)10:00から行われます。13:00からは神輿の巡幸も行われます。なお9月22日(火曜日)19:00からは宵宮祭も行われます。

【晴明祭2015・晴明神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区晴明町806番地1
最寄り駅・バス停・・・一条戻橋・晴明神社前(徒歩約2分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から晴明神社は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【晴明祭 歴史・簡単概要】
晴明祭は晴明神社で行われる祭儀の中で最も重要な祭儀とされています。晴明祭では氏子などが参列し、献茶・献花などが行われ、午後からは少年鼓笛隊を先頭に神輿の巡行などが行われます。なお宵宮祭では迎え提灯のお練りや湯立神楽が奉納されます。湯立神楽では大釜に湯を沸かし、清めの塩や御神酒などを入れ、大釜の中に入れた笹を勢いよく振って湯を飛ばし、その湯を浴びると無病息災などのご利益があるとも言われています。

【晴明神社 歴史・簡単概要】
晴明神社(せいめいじんじゃ)は1007年(寛弘4年)に第66代・一条天皇の命により、1005年(寛弘2年)に亡くなった陰陽師・安倍晴明の遺業を讃え、その屋敷跡に社殿を造営したのが起源と言われています。ちなみに安倍晴明は第8代・孝元天皇の皇子・大彦命(おおびこのみこと)の御後胤とも言われ、天体の星や雲の動きを観察し、宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当てたとも言われています。晴明神社は当初東は堀川通・西は黒門通・北は元誓願寺通・南は中立売通という広大な社地を有していたが、度重なる兵火や関白・豊臣秀吉の命によって社地は縮小し、社殿も荒廃しました。幕末以降氏子が中心になって社殿を整備し、1950年(昭和25年)には社地も拡張されました。なお晴明神社は安倍晴明御霊神を祀り、魔除け・厄除けのご利益があるとも言われています。
*参考・・・晴明神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ晴明神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【晴明祭2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
晴明祭2015では宵宮祭に初穂料1000円で神楽を受ることができ、晴明饅頭のお下がりも頂けます。また先着100名にちびっこお迎え提灯が無料で配られます。
晴明神社(アクセス・見どころ・・・)情報晴明神社見どころ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る