東寺見所ランキング-修学旅行・観光必見

東寺見どころ

東寺見所ランキング

東寺見所ランキングを紹介しています。東寺への修学旅行・観光で見逃せない見所をランキングしました。1位が高さ約54.8メートルの五重塔(国宝)、2位が金堂(国宝)、3位が弘法大師・空海の住房とも言われる大師堂(国宝)と講堂です。(東寺見所下記参照)

東寺見どころ一覧

【東寺 歴史・簡単概要】
東寺(とうじ)とは平安時代初期の796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇(かんむてんのう)の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護の官寺として、都の入口である羅城門(らじょうもん)の東に創建されました。796年(延暦15年)に金堂が建立されたと言われています。その後823年(弘仁14年)に真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)が第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)から賜り、真言密教の根本道場になりました。825年(天長2年)に講堂の建立が許され、826年(天長3年)に五重塔の造営を勧請し、828年(天長5年)には日本最初の私立学校・綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)が創立しました。
東寺歴史年表

スポンサーリンク

【東寺1位 五重塔・見所解説】
ランキング1位は五重塔(国宝)です。五重塔は高さ約54.8メートルの仏塔で、日本国内で最も高い木造塔(建築物)です。五重塔はその高さから境外からも見ることができるが、間近に近づいて見上げるとその高さを実感することができます。よく見ると初層から五層までの各層の屋根の大きさ(逓減率0.7)が大きく変わらないことが分かるかもしれません。一般的に五重塔は歴史が古いほど初層から五層までの逓減率が大きく、五層の屋根が初層の屋根と比較するとより小さくなっています。ちなみに日本最古の法隆寺の五重塔は逓減率は0.5になります。五重塔は通年で夜間にライトアップされ、境外からライトアップされた五重塔を見ることができます。また東寺は桜・紅葉の名所で、桜・紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップされ、五重塔とともにライトアップされた幻想的な桜・紅葉を楽しむことができます。ちなみになお五重塔は通常初層内部は非公開だが、春期・秋期の特別公開などで初層内部が公開されます。
(五重塔・ポイント)
●五重塔は江戸時代前期の1644年(寛永21年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)の寄進によって再建されました。五重塔はかつて平安時代初期の826年(天長3年)から建立が始まり、弘法大師・空海没後に完成したと言われるが、その後落雷・不審火によって4度焼失しました。なお五重塔は2018年(平成30年)9月の台風21号で屋根瓦・四隅の風鐸(ふうたく)などが破損し、その後修理が行われました。ちなみに再建以降、4回以上も修理が行われています、
●五重塔は初層内部に真言密教の教主である大日如来(だいにちにょらい)が説く真理や悟りの境地を表現した両界曼荼羅(りょうかいまんだら)が描かれています。また五重塔は大日如来とみなされている心柱(しんばしら)を中心に金剛界(こんごうかい)四仏像・八大菩薩(はちだいぼさつ)像を安置しています。
五重塔見所(歴史概略・・・)

【東寺2位 金堂・見所解説】
ランキング2位は金堂(国宝)です。金堂は東寺の本堂です。金堂は台座・光背(こうはい)を含めた総高が10メートルに達する本尊・薬師如来(やくしにょらい)坐像を安置し、近づくと桁行七間・梁間五間の大きさを実感することができます。金堂はその外観から二階建て(二重)の建物のようにも見えるが、本来の屋根の下にもう一つ屋根をかける一重裳階(もこし)付きの建物です。裳階は風雨から建物を保護する役割があり、裳階も確認しましょう。なお金堂は和様(わよう)と大仏様(だいぶつよう・天竺様(てんじくよう))が併用され、高い天井を支える建築様式に大仏様の特色が表れています。ちなみに大仏様は東大寺(とうだいじ)の南大門(国宝)が代表例で、東大寺の大仏殿(国宝)にも採り入れられています。
(金堂・ポイント)
●金堂は江戸時代初期の1603年(慶長8年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の子・豊臣秀頼(とよとみひでより)の寄進によって再建されました。金堂はかつて平安時代初期の823年(弘仁14年)頃に完成したが、室町時代中期の1486年(文明18年)の文明の土一揆によって講堂・南大門などとともに焼失しました。
●金堂は像高2.88メートルの本尊・薬師如来坐像と両脇侍像(日光菩薩(にっこうぼさつ)・月光菩薩(がっこうぼさつ))を安置しています。
金堂見所(歴史概略・・・)

【東寺3位 大師堂・見所解説】
ランキング3位は大師堂(国宝)です。大師堂(御影堂・不動堂)はかつて真言宗の宗祖である弘法大師・空海の住房とも言われ、前堂に弘法大師坐像(国宝)を安置していることから宗祖を間近に感じることができます。大師堂では毎朝、午前6時から住房だった頃と同じように一の膳・二の膳・お茶を供える生身供(しょうじんく)が行われ、午前6時から誰でも参拝することができます。時間のある方はその歴史を感じましょう。なお大師堂は前堂(桁行四間・梁間五間)・後堂(桁行七間・梁間四間)・中門(桁行二間・梁間一間)から構成されています。
(大師堂・ポイント)
●大師堂は後堂が南北時代の1380年(天授6年・康暦2年)に再建され、前堂・中門が1390年(元中7年・明徳元年)に増築されました。
●大師堂は前堂に弘法大師坐像(国宝)、後堂に弘法大師・空海の念持仏とされる不動明王(ふどうみょうおう)坐像(国宝)を安置しています。不動明王坐像は不動明王像としては日本最古とも言われる秘仏で、通常非公開です。
大師堂(御影堂)見所(歴史概略・・・)

【東寺3位 講堂・見所解説】
ランキング3位は講堂(重要文化財)です。講堂は金堂の北側で、伽藍のほぼ中心に建立されています。講堂はかつて金堂と繋がり、講堂・金堂の周囲を廻廊が巡らせられていたそうです。講堂では弘法大師・空海による立体曼荼羅(まんだら)が表現されており、その歴史を感じることができます。ただ「続日本後紀(しょくにほんこうき)」によると835年(承和2年)に弘法大師・空海が高野山で亡くなり、839年(承和6年)に開眼供養が行われたと言われています。ちなみに2000年(平成12年)に須弥壇(しゅみだん)の下から薄い木を焼いた跡が発見され、823年(弘仁14年)の着工の際に弘法大師・空海が鎮壇(ちんだん)として護摩(ごま)を焚いたとも言われています。講堂に安置されている五智如来(阿弥陀如来の頭部を除く)や金剛波羅密多菩薩は室町時代から江戸時代に造仏されたと言われています。その他の仏像は後補・補修などを除き、平安時代に造仏されたと言われています。なお礎石は創建当初のものと言われています。
(講堂・ポイント)
●講堂は平安時代前期の823年(弘仁14年)に着工され、839年(承和6年)に完成したが、その後室町時代中期の1486年(文明18年)の土一揆で焼失し、1491年(延徳3年)に再建されました。
●講堂は真言密教の教主・大日如来を中心に二十一尊で立体曼荼羅が表現されています。中央の五智如来が大日如来を中心に阿しゅく如来(あしゅくにょらい)・宝生如来(ほうしょうにょらい)・不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)・阿弥陀如来(あみだにょらい)、向かって右側(東方)の五大菩薩が金剛波羅密多菩薩(こんごうはらみたぼさつ)を中心に金剛薩た菩薩(こんごうさったぼさつ)・金剛宝菩薩(こんごうほうぼさつ)・金剛業菩薩(こんごうごうぼさつ)・金剛法菩薩(こんごうほう)、向かって左側(西方)の五大明王が不動明王(ふどうみょうおう)を中心に金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)・降三世明王(ごうざんぜみょうおう)・大威徳明王(だいいとくみょうおう)・軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)が配置され、その周囲に多聞天(たもんてん)・梵天(ぼんてん)・持国天(じこくてん)・広目天(こうもくてん)・帝釈天(たいしゃくてん)・増長天(ぞうちょうてん)も配置されています。
講堂見所(歴史概略・・・)

【東寺番外 ライトアップ・見所解説】
ランキング番外はライトアップです。東寺は桜・紅葉の名所で、桜(例年4月上旬頃)・紅葉(例年11月中旬頃から11月下旬頃)が見ごろを迎える時期にライトアップが行われています。ライトアップでは昼間と異なり、幻想的な夜間の桜・紅葉を見ることができます。東寺は京都駅近くになり、比較的近場で紅葉のライトアップを楽しむことができます。京都駅からは20分ほどで行くことができます。なお東寺では有料区域外からお花見や紅葉狩りができます。
(ライトアップ・ポイント)
●東寺には樹齢130年を超え、高さ約13メートル・枝張り約10メートルの不二桜(エドヒガン系の八重紅枝垂桜)やソメイヨシノ(染井吉野)など約200本の桜が植えられています。
東寺桜ライトアップ
●東寺にはイロハモミジ・ドウダンツツジ・ソメイヨシノ・イチョウなど約200本が植えられています。
東寺紅葉ライトアップ

【東寺見所ランキング 備考】
*参考・・・京都世界遺産・東寺(アクセス・歴史概要・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る