西院春日神社藤花祭2015/4/29

藤花祭

藤花祭2015(日程・時間・・・)を紹介しています。藤花祭は毎年4月29日の午後6時頃から行われ、京都御所から賜った藤壺の藤や冷泉家・二條家などの旧公家から奉納された藤が披露されます。なお藤花祭は1千年以上の歴史があると言われています。

【藤花祭2015 日程時間(要確認)】
藤花祭2015は2015年4月29日(水曜日)午後6時頃から約1時間半行われます。

【藤花祭2015・西院春日神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区西院春日町61
最寄り駅・バス停・・・西大路四条(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは28系統(D3乗り場)、75系統(C5乗り場)、205系統(B3乗り場)
*河原町丸太町からは3系統、202系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【藤花祭 歴史・簡単概要】
藤花祭(とうかさい)は833年(天長10年)淳和天皇が「藤花の宴」を催したのが起源と言われています。藤花祭では平安時代に宮中で催されていた「藤花の宴」に因み、神職・巫女などは冠に藤の花を飾り、斎女は藤の花をデザインした衣装を身に付け、御神前に焚かれたかがり火と雅楽の調べ中で行われます。なお藤花祭では災難除けや延命長寿のご利益があると言われている「藤かずら守り」も授与されます。

【西院春日神社 歴史・簡単概要】
西院春日神社(さいいんかすがじんじゃ)は833年(天長10年)淳和天皇が退位し、離宮・淳和院(西院)に移る際、勅諚によって奈良・春日大社の春日四座大神を勧請し、守護神としたのが起源です。なお西院春日神社は淳和天皇の皇女・崇子内親王が天然痘(疱瘡)になった際、霊石・疱瘡石に祈願したところ天然痘が治り、病気平癒のご利益があると言われています。疱瘡石は都で疫病が流行る前に必ず表面が濡れたとも言われています。
*参考・・・西院春日神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ西院春日神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【藤花祭2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
藤花祭では本殿などの扉が同時に開けられます。扉が同時に開けられるのは藤花祭が行われている約1時間半だけだそうです。
西院春日神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る