法住寺身代不動尊採燈大護摩供2015/11/15

身代不動尊採燈大護摩供

身代不動尊採燈大護摩供2015(日程・時間・・・)を紹介しています。身代不動尊採燈大護摩供は毎年11月15日に行われます。身代不動尊採燈大護摩供では家内安全・商売繁盛・身体健全などの諸願成就を祈願し、信者などから奉納された護摩木が護摩壇で焚き上げられます。

【身代不動尊採燈大護摩供2015 日程時間(要確認)】
身代不動尊採燈大護摩供2015は2015年11月15日(日曜日)14:00から行われます。なお10:00からは護摩供奉修、11:00からは中堂寺六斎念仏踊り奉納、13:00からは篠笛・琴の奉納、13:30からは鬼・稚児などの行列が行われます。

【身代不動尊採燈大護摩供2015・法住寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区法住寺三十三間堂廻り町655
最寄り駅・バス停・・・博物館・三十三間堂前(徒歩約5分)、東山七条(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から法住寺は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【身代不動尊採燈大護摩供 歴史・簡単概要】
身代不動尊採燈大護摩供(みがわりふどうそんさいとうおおごまく)・身代不動尊大祭(みがわりふどうそんたいさい)では家内安全・商売繁盛・身体健全などの諸願成就を祈願し、本尊・身代不動明王のご宝前に設けられた護摩壇で、信者などから奉納された護摩木(ごまき)が焚き上げられます。採燈大護摩供の前には天狗や三毒(貪り・瞋り・愚痴)を表す赤鬼・青鬼・黒鬼が護摩壇の周りを踊り狂う鬼法楽・山伏問答(やまぶしもんどう)などが披露されます。なお身代不動尊採燈大護摩供では護摩供奉修・篠笛や琴の奉納・鬼や稚児などの行列などの行事も行われます。
身代不動尊(身代不動明王)は木曽義仲が法住寺殿を焼き討ちした際、義仲が放った矢が身代不動尊に当たり、後白河上皇が難を逃れたことに由来しています。

【法住寺 歴史・簡単概要】
法住寺(ほうじゅうじ)は989年(永祚元年)に太政大臣・藤原為光(ふじわらのためみつ)が妻と第65代・花山天皇の女御だった娘・藤原し子(弘徽殿(こきでんの)の女御)の菩提を弔う為に創建したのが起源と言われています。985年(寛和元年)6月に妻、7月に娘が相次いで亡くなったそうです。その後1032年(長元5年)の火災によって焼失しました。1161年(永暦2年)に後白河上皇(第77代・後白河天皇)が法住寺跡に離宮・法住寺殿(ほうじゅうじどの)を営み、1160年(永暦元年)に新日吉神社、1163年(長寛元年)に三十三間堂(蓮華王院)が創建され、1176年(安元2年)に後白河上皇の女御・建春門院(平滋子(たいらのしげこ))が亡くなると建春門院の御陵として法華堂が建立されました。しかし1183年(寿永2年)に木曽義仲によって焼き討ちされ、1192年(建久3年)に後白河上皇が亡くなると新たに法華堂が建立され、上皇の御陵に定められました。その後三十三間堂の本坊で、天台三門跡に数えられた妙法院門跡(みょうほういんもんぜき)の院家として、法住寺陵と妙法院歴代門跡法親王の墓を守ってきました。
法住寺は天台宗の寺院です。
*参考・・・法住寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ法住寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【身代不動尊採燈大護摩供2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
身代不動尊採燈大護摩供2015では休日と言うこともあり、中堂寺六斎念仏踊り(ちゅうどうじろくさいねんぶつおどり)が奉納されました。
法住寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る