カテゴリー:7月

  • 祇園祭花傘巡行

    祇園祭花傘巡行2022/7/24(日程・・・)

    祇園祭花傘巡行(日程・時間等)を紹介。花傘巡行では花傘・子供御輿・獅子舞・鷺舞・児武者・祇園囃子・花街の屋台などが八坂神社から四条通を西に進み、寺町通を北上し、御池通を東に進み、河原町通を南下して、四条通を東に進んで、八坂神社に戻ります。
  • 祇園祭還幸祭

    祇園祭還幸祭2022/7/24(日程・・・)

    祇園祭還幸祭(日程・時間等)を紹介。還幸祭は祇園祭の本来のハイライトです。還幸祭では午前中の祇園祭山鉾巡行(後祭)で祓い清められた後、中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿が夕方御旅所から氏子地区・御供社(又旅社)を回り、八坂神社に戻ります。
  • 祇園祭あばれ観音2022/7/23(日程・・・)

    祇園祭あばれ観音(日程・時間・・・)を紹介。あばれ観音は晴天を祈願する祇園祭後祭の日和神楽(ひよりかぐら)が終わった直後に行われます。あばれ観音では楊柳観音像を台座(御輿)に布で縛り付け、激しく揺すりながら町内を3周走り回ります。
  • 琵琶奉納

    祇園祭琵琶奉納2022/7/23(日程・・・)

    祇園祭琵琶奉納(日程・時間等)を紹介。琵琶奉納では琵琶各派によって結成された京都琵琶協会により、能舞台で琵琶が奉納されます。祇園祭の起源とされる祇園御霊会(ごりょうえ)では歌舞を奉納し、荒ぶる御霊を慰めて、悪疫退散を祈願したとも言われています。
  • 八坂神社見どころ

    祇園祭煎茶献茶祭2022/7/23(日程・・・)

    祇園祭煎茶献茶祭(日程・時間等)を紹介。煎茶献茶祭では京都の煎茶道6流派(小川流・玉川遠州流・皇風煎茶禮式・瑞芳菴流・泰山流・賣茶本流)家元の輪番奉仕により、煎茶を点てて神前に供えます。なお祇園祭では毎年7月16日に献茶祭も行われます。
  • 役行者山護摩焚き

    祇園祭役行者山護摩焚き2022/7/23(日程・・・)

    祇園祭役行者山護摩焚き(日程・時間等)を紹介。役行者山護摩焚きは聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)の山伏が路上に設けた護摩壇で、宵山期間中に奉納された護摩木を焚き上げ、祈願成就を願ったり、祇園祭山鉾巡行(後祭)の安全を祈願したりします。
  • オハケ清祓式

    祇園祭オハケ清祓式2022/7/23(日程・・・)

    祇園祭オハケ清祓式(日程・時間等)を紹介。オハケ清祓式は祇園祭還幸祭に先立って、3基の神輿の神霊が宿って休憩するオハケ(御幣)を清めます。オハケは四隅に斎竹(いみだけ)を立てて注連縄(しめなわ)を張り、斎芝(いみしば)に3本の御幣を立てたものです。
  • 祇園祭日和神楽(後祭)2022/7/23(日程・・・)

    祇園祭日和神楽(後祭)(日程・時間等)を紹介。日和神楽では北観音山・南観音山などの囃子方がある山鉾町が祇園囃子を奏でながら四条河原町近くにある八坂神社御旅所に行き、囃子を奉納して晴天や祇園祭山鉾巡行(後祭)の無事を祈願します。
  • 長建寺弁天祭2020/7/26(日程・・・)

    長建寺弁天祭(日程・時間等)を紹介。弁天祭は毎年7月の第4日曜日に行われています。弁天祭は江戸時代中期に始まり、かつて洛南三奇祭に数えられたとも言われています。弁天祭では開運厄除を祈願する柴燈大護摩供が行われ、山伏(修験者)が信者などの願いが込められた護摩木(火焚串)を護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。
  • エコ屋台村

    祇園祭エコ屋台村2020/7/22・23(日程・・・)

    祇園祭エコ屋台村(日程・時間等)を紹介。エコ屋台村ではプラスチック製のリユース食器を使って飲食物を提供します。エコ屋台村ではイベントも行われます。初日のオープニング・セレモニーでは舞妓による舞の披露などが行われます。(要確認)
  • 本宮祭

    伏見稲荷大社本宮祭2022(日程・・・)

    伏見稲荷大社本宮祭(日程・時間等)を紹介。本宮祭は稲荷大神(宇迦之御魂大神・佐田彦大神・大宮能売大神・田中大神・四大神)の分霊を祀る信者が伏見稲荷大社に参拝し、日々の神恩に感謝する神事です。なお本宮祭の前夜・宵宮祭では万灯神事が行われます。
  • ジャルダン・デ・ルミエール(日程・時間・・・)

    ガーデンミュージアム比叡ジャルダン・デ・ルミエール(日程・時間等)を紹介。ジャルダン・デ・ルミエールは毎年7月下旬頃から8月までに行われています。ジャルダン・デ・ルミエールでは庭園や45点の陶板画をキャンドルやイルミネーションでライトアップしてロマンチックな夜が演出します。夜景が一望することができるそうです。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る