カテゴリー:7月

  • 大船鉾曳き初め

    祇園祭山鉾曳き初め(後祭)2022/7/20/15:00~

    祇園祭山鉾曳き初め(後祭)(日程・時間等)を紹介。山鉾曳き初めでは祇園祭山鉾巡行(後祭)に先立って、組み立てた山鉾を本番さながらに動かします。7月20日には北観音山・南観音山・大船鉾の曳き初めが行われます。八幡山の舁き初めも行われます。
  • ちまき(粽)

    祇園祭ちまき販売(後祭)2022(販売日・・・)

    祇園祭ちまき販売(後祭)2022(日程・時間等)を紹介。ちまき販売日(後祭)は毎年7月21日から23日の宵山期間中です。ただ7月20日から販売する山鉾もあります。ちまき販売ではちまき以外にも手拭などのグッズを購入できる場合もあります。
  • 三宝寺土用の丑祈祷会2021/7/28(日程・・・)

    三宝寺土用の丑祈祷会(日程・時間等)を紹介。土用の丑祈祷会では経文が書かれた直径40センチの土製の炮烙を頭にのせ、もぐさを置いて火をつけ、仏具・木剣にて九字を切り、悪邪霊を除きます。暑気払い・頭痛封じ・頭の病気平癒にご利益があるとも言われています。
  • 大船鉾曳き初め

    祇園祭大船鉾曳き初め2022/7/20/15:00~

    祇園祭大船鉾曳き初め(日程・時間等)を紹介。大船鉾曳き初めでは祇園祭山鉾巡行(後祭)に先立って、組み立てられた大船鉾を本番さながらに動かします。曳き初めでは祇園囃子が奏でられ、音頭方による「エンヤラヤー」の掛け声とともに大船鉾を動かします。
  • 蓮華寺きゅうり封じ2020/7/18・19(日程・・・)

    蓮華寺きゅうり封じ(日程・時間等)を紹介。きゅうり封じは毎年土用の丑の日とその前日に行われています。きゅうり封じではきゅうりを受け取り、名前・願い事・年齢などを用紙に書きます。きゅうりを持ち帰り、3日間朝晩に痛い部分・悪い部分を真言を唱えながらきゅうりでさすります。4日目の朝、人の踏まない清浄な土に埋めます。
  • 御手洗祭

    下鴨神社御手洗祭・足つけ神事2022

    下鴨神社御手洗祭2022(みたらし祭)・足つけ神事(日程・時間等)を紹介。御手洗祭は毎年土用の丑の日の前後に行われています。御手洗祭では御手洗池に足を膝まで浸しながらロウソクに献灯し、無病息災を祈願します。安産のご利益があると言われているそうです。
  • 松取式

    祇園祭松取式2022/7/19(日程・・・)

    祇園祭松取式(日程・時間等)を紹介。松取式では祇園祭山鉾巡行(後祭)に先立って、北観音山・南観音山が2本の松の木から真松を選びます。先に選んだ方は「良い松を選べた」、後に選んだ方は「良い松を残してもらった」と言うことが慣例になっているそうです。
  • 後祭山建て・鉾建て

    祇園祭山鉾建て(後祭)2022/7/18~21(日程・・・)

    祇園祭山鉾建て(後祭)(鉾建て・山建て)(日程・時間等)を紹介。山鉾建てでは祇園祭山鉾巡行(後祭)に先立って、収蔵庫から取り出した山鉾の部材を釘を1本も使わず、荒縄などによる縄絡みと言われる伝統技法で組み立て、懸装品などを飾ります。
  • 祇園祭祇園囃子奉納2022/7/18~23(日程・・・)

    祇園祭祇園囃子奉納(日程・時間等)を紹介。祇園祭祇園囃子奉納は毎年7月18日から23日まで行われています。祇園囃子奉納では3基の神輿(中御座・東御座・西御座神輿)が御旅所に駐輿している期間、囃子方がある山鉾町によって祇園囃子が奉納されます。
  • 祇園祭神幸祭

    祇園祭神幸祭2022/7/17(日程・・・)

    祇園祭神幸祭(日程・時間等)を紹介。神幸祭では午前中の祇園祭山鉾巡行(前祭)で祓い清められた後、中御座神輿(なかござみこし)・東御座神輿(ひがしござみこし)・西御座神輿(にしござみこし)が八坂神社から氏子地区を回り、御旅所に向かいます。
  • 祇園祭神幸祭

    祇園祭神輿渡御2022/7/17・24(日程・・・)

    祇園祭神輿渡御は祇園祭の神事のハイライトです。神幸祭が7月17日、還幸祭が7月24日に行われます。神幸祭では3基の神輿が八坂神社から氏子地区を回って御旅所に向かいます。還幸祭では3基の神輿が御旅所から氏子地区・御供社を回って八坂神社に戻ります。
  • 長刀鉾

    祇園祭山鉾巡行2022/7/17・7/24(時間・・・)

    祇園祭山鉾巡行(時間・ルート・・・)を紹介。山鉾巡行の日程は前祭が7月17日、後祭が7月24日です。山鉾巡行(前祭)では長刀鉾を先頭に23基が四条烏丸から巡行します。山鉾巡行(後祭)では橋弁慶山を先頭に10基と鷹山が烏丸御池から巡行します。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る