亀山公園梅見ごろ2023(2月下旬~3月上旬頃)

亀山公園梅見ごろ(見頃)

亀山公園梅見ごろ(時期・イベント等)を紹介しています。亀山公園では角倉了以像・周恩来の詩碑周辺など園内各所に紅梅・白梅が植えられ、梅と園内などの光景が美しいと言われています。角倉了以像付近には10本以上の梅の木が集中して植えられています。馬酔木なども植えられ、梅と一緒に楽しめる時期もあります。(詳細下記参照)

【亀山公園梅見ごろ(例年)・2023年開花予測】
亀山公園の梅見ごろは例年2月下旬頃から3月上旬頃です。なお梅の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都梅見ごろ2023

【亀山公園梅見ごろ アクセス・マップ】
嵐山公園・・・京都府京都市西京区嵐山・右京区嵯峨
最寄り駅・バス停・・・嵐山(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から嵐山公園は28系統(D3乗り場)
*四条河原町からは11系統
*四条烏丸からは11系統
*河原町丸太町からは93系統
路線・時刻表・運賃チェック

*嵐電(京福電鉄)嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩すぐ)
*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は嵯峨嵐山駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄嵐山線の場合、最寄り駅は嵐山駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク

【亀山公園梅見ごろ(例年)・見どころ解説】
亀山公園はあまり知られていない梅の名所です。亀山公園の梅見ごろは例年2月下旬頃から3月上旬頃です。
亀山公園では角倉了以(すみのくらりょうい)像・周恩来(しゅうおんらい)総理の詩碑周辺など園内各所に紅梅・白梅が植えられ、梅と園内などの光景が美しいと言われています。角倉了以像付近には10本以上の梅の木が集中して植えられています。亀山公園には馬酔木(あしび)なども植えられ、梅と一緒に楽しめる時期もあります。亀山公園では大堰川(おおいがわ)をバックに梅を眺めたり、写真撮影をしたりするのがおすすめです。
角倉了以は戦国時代(室町時代後期)の1554年(天文23年)に京都嵯峨の土倉業・吉田宗桂(よしだそうけい)の長男として生まれました。1592年(慶長8年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)から朱印状(しゅいんじょう)を得て、朱印船をベトナムに派遣して貿易を行いました。また私財を投じて大堰川(おおいがわ・桂川(かつらがわ))・高瀬川(たかせがわ)を開削したり、渡月橋(とげつきょう)を現在の場所に架けたりしました。更に江戸幕府の命によって富士川(ふじがわ)・天竜川(てんりゅうがわ)・庄内川(しょうないがわ)なども開削しました。角倉家は公儀呉服師・茶屋四郎次郎(ちゃやしろうじろう)の茶屋家、金座の当主・後藤庄三郎(ごとうしょうざぶろう)の後藤家とともに京の三長者とも言われています。なお角倉了以は琵琶湖疏水の設計者・田辺朔郎(たなべさくろう)とともに「水運の父」とも言われています。
大堰川は淀川水系の一級河川・桂川上流部の別称で、全長約108キロです。大堰川は丹波山地の東部付近が水源で、亀岡盆地以南から嵐山までを言い、嵐山以南は桂川と言われています。
梅は中国原産のバラ科サクラ属の落葉高木です。梅は630年(舒明2年)から838年(承和5年)に派遣された遣唐使(けんとうし)が唐(中国)から日本に伝えたと言われています。梅には500種以上の品種があるが、野梅系(やばいけい)・紅梅系(緋梅系)・豊後系(ぶんごけい)に大きく分類されるそうです。

●京都で人気の梅名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都梅名所・見ごろ

【嵐山公園 歴史・簡単概要】
嵐山公園(あらしやまこうえん)・京都府立嵐山公園は京都市右京区嵯峨と西京区嵐山にある面積約10.6ヘクタールの風致公園です。嵐山公園は明治時代末期に一級河川・桂川(かつらがわ)左岸に整備された亀山地区・桂川中州に整備された中之島地区・昭和に桂川左岸に整備された臨川寺(りんせんじ)地区の3地区から構成されています。亀山地区は渡月橋(とげつきょう)よりも上流にあり、世界遺産である天龍寺(てんりゅうじ)の裏側で、赤松・桜・楓・山つつじなどが植えられています。ちなみに亀山地区は亀山公園(かめやまこうえん)とも言われています。中之島地区は桜・松などが植えられ、イベントが行われたりします。臨川寺地区は赤松・桜・楓などが植えられ、テレビの撮影が行われたりします。なお渡月橋は平安時代前期の承和年間(834年~848年)に真言宗の僧・道昌(どうしょう)が桂川に架けた橋が起源と言われています。桂川は京都市左京区広河原と南丹市美山町佐々里の境に位置する標高約735メートルの佐々里峠(ささりとうげ)を源とし、上桂川・桂川・大堰川(おおいがわ)・保津川(ほづがわ)と名前を変え、嵐山以降は桂川になります。
*参考・・・嵐山公園(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【亀山公園梅見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
亀山公園(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る