祇園祭会所飾り公開(後祭)2023/7/20~23(日程時間・・・)

祇園祭会所飾り公開(後祭)

祇園祭会所飾り公開(後祭)

祇園祭会所飾り公開(後祭)(日程・時間・・・)を紹介しています。会所飾り公開(後祭)は7月21日から23日までの宵山(後祭)期間中です。会所飾り公開(後祭)では山鉾町の町会所(ちょうかいしょ)に飾り席が設けられ、山鉾のご神体や豪華な懸装品(けそうひん)などの貴重な所蔵品が一般公開されます。(詳細下記参照)

●祇園祭2023最新情報。

【祇園祭会所飾り公開(後祭)2023 日程時間(要確認)】
祇園祭会所飾り公開(後祭)2023(●コロナによる実施の有無・内容要確認)は2023年(令和5年)7月21日(金曜日)~23日(日曜日)です。ただ日程は山鉾によって異なります。いくつかの山鉾町では7月20日(木曜日)から公開されます。
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭会所飾り公開(後祭) アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市中京区
最寄り駅・バス停・・・四条駅・烏丸御池駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(後祭)by グーグルマップ

スポンサーリンク

【祇園祭会所飾り公開(後祭) 簡単概要】
祇園祭会所飾り公開(後祭)は7月21日から23日までの宵山(後祭)期間中です。ただ日程は山鉾町によって異なり、7月20日から行う山鉾町もあります。初日は少し遅い時間帯から始まり、2日目以降はほとんどの山鉾町で午前中から開始されます。ちなみに北観音山では行われません。会所飾り公開(後祭)では山鉾町の町会所(ちょうかいしょ)に飾り席が設けられ、山鉾のご神体や豪華な懸装品(けそうひん)などの貴重な所蔵品が一般公開されます。山鉾のご神体(ごしんたい)や懸装品などの所蔵品は7月24日の山鉾巡行(後祭)などの際に遠くから眺めたり、眺められなかったりするが、会所飾り公開(後祭)では間近に眺めることができます。なお宵山(後祭)では山鉾町(北観音山を除く)を回ってちまき(粽)を購入したり、御朱印集め(前祭)ができたりし、その際に組み立てられた山鉾だけでなく、山鉾に祀られるご神体や山鉾を彩る懸装品などを一緒に眺めるのもいいかもしれません。ちなみに囃子方がある山鉾(北観音山(きたかんのんやま)・南観音山(みなみかんのんやま)・大船鉾(おおふねほこ)・鷹山(たかやま))では夕方から祇園囃子が奏でられ、祇園囃子も楽しむことができます。
町会所は町家(ちょういえ)とも言われ、うなぎの寝床ととも言われる細長い敷地などに建てられています。その敷地には蔵がある山鉾町もあり、山鉾の部材や懸装品などが保管されています。ただ町会所の状況は山鉾町によって異なり、八坂神社近くの祇園祭山鉾館に部材などを保管する山鉾町(浄妙山・黒主山)もあります。祇園祭山鉾館は1968年(昭和43年)に建設され、1970年(昭和45年)から使用されています。
懸装品には山鉾を彩る前掛・胴掛・見送り・水引などがあります。京都では文化財的価値が高い懸装品を退役保存する為にその代替となる懸装品新調事業に対して補助金を出しています。
祇園祭宵山(後祭)楽しみ方

【祇園祭会所飾り公開(後祭) 日程時間(要確認)】
(下記は過去の日程です。)
●北観音山・-
●南観音山・7月14日~16日(11:00~17:00)・7月21日~23日(11:00~17:00)
●橋弁慶山・7月21日(13:00~23:00)・7月22日~23日(9:00~23:00)
●鯉山・7月21日~23日(10:00~20:00)
●浄妙山・状況によって中止
●黒主山・7月21日~23日(10:00~22:00)
●役行者山・7月20日(16:00~21:00)・7月21日~23日(10:00~21:00)
●鈴鹿山・7月21日~23日(12:00~22:00)
●八幡山・7月21日(13:00~23:00) ・7月22日~23日(9:00~23:00)
●大船鉾・7月20日(19:00~22:00)・7月21日~23日(10:00~22:00)
●鷹山・7月22日(13:00~22:00)・7月23日(10:00~22:00)

【祇園祭会所飾り公開(後祭) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る