祇園祭宵山楽しみ方(後祭)7/21~23(祇園囃子)

祇園祭後祭宵山

祇園祭宵山楽しみ方(後祭)

祇園祭宵山楽しみ方(後祭)を紹介しています。祇園祭宵山(後祭)では大型の山鉾で、囃子方がある北観音山・南観音山・大船鉾が南北に立ち並ぶ新町通で、駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられる祇園祭宵山の風情を楽しむのがおすすめです。また宵山(後祭)では山鉾11基(鷹山含む)を全部回るのもおすすめです。(詳細下記参照)

●祇園祭2022最新情報。
●祇園祭2022では諸行事の一部(神輿渡御変更・神輿洗変更・お迎提灯中止・花傘巡行中止など)が例年と異なる場合があります。(下記リンク参照)八坂神社ホームページ

【祇園祭宵山(後祭) 日程時間(要確認)】
祇園祭宵山(後祭)は例年7月21日~23日です。
祇園祭宵山(後祭)
祇園祭2022日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭宵山楽しみ方(後祭) アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市中京区
最寄り駅・バス停・・・四条駅・烏丸御池駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ
祇園祭山鉾マップ(後祭)by グーグルマップ

スポンサーリンク

【祇園祭宵山楽しみ方(後祭) 概要】
宵山(後祭)は7月21日から23日です。7月21日は宵々々山、7月22日は宵々山、7月23日は宵山とも言われています。後祭は山鉾の数が前祭の23基に対し、11基(鷹山含む)の半数以下で、宵山(後祭)期間中に屋台露店が立ち並ばなかったり、歩行者天国にならなかったりする為、曜日や天候にもよるが、比較的人出が少なく、じっくり楽しむことができます。ちなみに宵山(後祭)では屋台露店はありません。(要確認)
●後祭山鉾・・・橋弁慶山(はしべんけいやま)・鯉山(こいやま)・浄妙山(じょうみょうやま)・黒主山(くろぬしやま)・役行者山(えんのぎょうじゃやま)・鈴鹿山(すずかやま)・八幡山(はちまんやま)・北観音山(きたかんのんやま)・南観音山(みなみかんのんやま)・鷹山(たかやま)・大船鉾(おおふねほこ)

●宵山(後祭)では大型の山鉾で、囃子方がある北観音山・南観音山・大船鉾と八幡山が南北に立ち並ぶ新町通(約510メートル)を中心にで散策するのがおすすめです。後祭では大船鉾を除くと山鉾の多くが黒主山・鯉山を中心に半径300メートルほどに集中していることから山鉾11基(鷹山含む)を全部回るのもおすすめです。ゆっくり散策したとしても2時間ほどあれば、11基(鷹山含む)全部を回れます。

【祇園祭宵山楽しみ方(後祭) 歩き方】
●宵山(後祭)では11基(鷹山含む)の山鉾を回って御朱印(スタンプ)を集めたり、会所飾りを眺めたりすることもできます。後祭は山鉾の数が少ない為、全山鉾を回るのがおすすめです。会所では山鉾のご神体や豪華な懸装品(けそうひん)などが一般公開されます。なお御朱印集めでは志納金が必要な場合があります。(要確認)
祇園祭御朱印集め(後祭)
●宵山(後祭)では山鉾町の厄除けちまき・オリジナルグッズなどを購入することもできます。(北観音山は関係者だけに配布されます。)浴衣姿の子供がわらべ歌(童歌)を唄いながらちまき(粽)などを売る姿を見ることができるかもしれません。ただ売り切れる場合があり、早めに購入するのがおすすめです。なお宵山の前日・7月20日から販売を開始する山鉾町もあります。
祇園祭ちまき販売(後祭)
●宵山(後祭)では山鉾で奏でられる祇園囃子(コンチキチン)を楽しむことができます。北観音山・南観音山・大船鉾・鷹山で奏でられます。祇園囃子には山鉾に共通する部分もあるが、その多くが山鉾独自のもので、聞き比べを楽しむのもいいかもしれません。なお宵山の最終日・7月23日には祇園囃子を奉納して晴天を祈願する日和神楽(後祭)も行われます。南観音山では日和神楽の後にあばれ観音が行われます。
鷹山は1826年(文政9年)の大雨や1864年(元治元年)の大火により、長く休山(休み山)だったことから祇園囃子が伝承されず、北観音山の祇園囃子を基に祇園囃子が編曲・構成されています。ただ2021年(令和3年)に横笛奏者で、人間国宝である藤舎名生(とうしゃめいしょう)が作曲したオリジナルの新曲5曲が加わりました。新曲5曲は響きを調える「調(しらべ)」・ゆっくりと進行する「序(じょ)」・楽しさを表現した「楽(らく)」・テンポの速い「遊(ゆう)」・鷹が飛び立つ姿をイメージした「飛(ひ)」です。
祇園祭日和神楽(後祭)
●宵山(後祭)では山鉾町の町屋などで家宝の屏風などが披露され、散策しながら眺めることができます。
祇園祭屏風祭(後祭)

【祇園祭宵山楽しみ方(後祭) 行事】
●役行者山では例年7月23日に聖護院の山伏が護摩木を焚き上げ、祈願成就と山鉾巡行の安全を祈願します。(要確認)
祇園祭役行者山護摩焚き
●南観音山では例年7月23日に御神体・楊柳観音像を蓮台にぐるぐる巻にし、町内を回ります。
南観音山あばれ観音

【祇園祭宵山楽しみ方(後祭) 備考】
祇園祭宵山(前祭)楽しみ方
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2022日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る