聴松院

聴松院

聴松院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)聴松院ゆかりの清拙正澄(せいせつしょうちょう)は1326年(嘉暦元年)に中国から来日し、鎌倉幕府執権・北条高時の招きで鎌倉・建長寺に住して禅規を刷新しました。なお摩利支尊天は清拙正澄が中国から招来したと言われています。

【聴松院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区南禅寺福地町
最寄り駅・バス停・・・南禅寺・永観堂道(徒歩約10分)、東天王町(徒歩約15分)、宮ノ前町(徒歩約15分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から聴松院は5系統(A1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は蹴上駅(徒歩約8分)

【聴松院 拝観時間・時間(要確認)】
通常非公開

【聴松院 拝観料金・料金(要確認)】
通常非公開

スポンサーリンク


【聴松院 歴史・簡単概要】
聴松院(ちょうしょういん)は清拙正澄(せいせつしょうちょう)が創建した塔所・瑞松庵が起源と言われています。1453年(享徳2年)清拙正澄が建仁寺・雲興庵跡に祖塔を復興し、檀越・細川満元の号に因んで聴松院としました。その後応仁の乱の兵火によって焼失し、1483年(文明15年)希世霊彦(きせいれいげん)が再興しました。
聴松院は臨済宗南禅寺派・南禅寺の塔頭です。

【聴松院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
聴松院の見どころは摩利支尊天と狛猪です。なお聴松院は梅の名所で見どころです。
京都梅名所・見頃

【聴松院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-761-2186

【聴松院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
南禅寺(アクセス・見どころ・・・)情報南禅寺見どころ南禅寺見所ランキング

【聴松院 おすすめ散策ルート】
聴松院からのおすすめ散策ルートは南禅寺・永観堂(禅林寺)・哲学の道を経由し、北にある銀閣寺(東山慈照寺)に向かうルートです。40分ほど散策すれば、世界遺産である銀閣寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルートの周辺には若王子神社・霊鑑寺・安楽寺・浄土寺・法然院などがあり、それらを散策しながら銀閣寺に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る