祇園祭と藤原宗忠の「中右記(ちゅうゆうき)」

祇園祭と藤原宗忠の「中右記(ちゅうゆうき)」

祇園祭は葵祭とともに千年以上の歴史があるが、平安時代中期頃に祭りと言えば、葵祭を指すほど隆盛していました。「中右記」ではかつての祇園祭の様子が記され、祇園祭が現在の様式が整うまでの過程を知ることができます。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑(しんせんえん)に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来(やくしにょらい)の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散(びょうまたいさん)を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から毎年に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【祇園祭と藤原宗忠の「中右記(ちゅうゆうき)」】
祇園祭は葵祭とともに千年以上の歴史があるが、平安時代中期頃に祭りと言えば、葵祭を指すほど隆盛していました。その後平安時代中期の999年(長保元年)に山鉾の起源とも言われる大嘗会(だいじょうえ)の標山(しめやま・ひょうのやま)に似た作山などが祇園祭に現れ、祇園祭が徐々に賑やかになっていきます。公卿・藤原宗忠(ふじわらのむねただ)が記した「中右記(ちゅうゆうき)」1096年(永長元年)6月14日の条に「十四日、巳時許参内、終日伺候、今日祇園御霊会(祇園祭)間禁中無人、仍終日候御前也、後聞、院召仕男共四百人許供奉、又院蔵人町童七十余人、内蔵人町童部卅余人、田楽五十村許、近代第一見物之年者、入夜従内退出、」と記され、院(白河上皇(第72代・白河天皇))に仕えた男400人・童(わらわ)70余人・田楽(でんがく)50組など大勢が参加して禁中が無人になり、「近代第一見物之年」と評されています。1096年(永長元年)の祇園祭は近年の中で最も盛大だったようで、永長の大田楽とも言われました。その後「中右記」1103年(康和5年)6月14日の条に「祇園御霊会(祇園祭)間、使・舞人・競馬等・京都雑人成彼種ゝ躰渡大路儀、足壮観云々、」と記され、使・舞人・競馬などが大通りを巡行する行粧が「壮観」と評されています。更に「中右記」1127年(大治2年)6月14日の条に「十四日壬申 或晴或陰、時々小雨、祇園御霊会(祇園祭)、四方殿上人、馬長、童、巫女、種女、田楽各数百人、此外祇園所司僧随身数十人兵供奉、舞人十人、使乗唐鞍、凡天下過差不可勝計、金銀錦繍風流美麗不可記尽、両院於按察中納言三條室町桟敷御見物云々」と記され、四方殿上人(てんじょうびと)・馬長(うまおさ)・童・巫女(みこ)・種女・田楽など各数百人や随身数十人・舞人十人等などが巡行し、書き尽くすことができないほど「金銀錦繍(きんしゅう)風流美麗」と評されています。「中右記」では祇園祭が現在の様式が整うまでの過程を知ることができます。
「中右記」は公卿・藤原宗忠の日記で、名称は中御門右大臣に由来しています。「中右記」は1087年(寛治元年)から1138年(保延4年)まで47年間が記されています。26歳だった1087年(応徳4年)正月元日から書かれています。「中右記」には朝廷の諸行事・政務などが克明に記されています。

【藤原宗忠 祇園祭】
藤原宗忠は1062年(康平5年)に権大納言・藤原宗俊と式部大輔・藤原実綱の娘の間に生まれ、藤原宗俊の長男でした。中御門富小路邸に住し、中御門右大臣と称されました。1074年(承保元年)に従五位下に叙され、1078年(承暦2年)に侍従に任じられました。その後右近衛少将・兼美作介・左近衛少将・兼讃岐介などを歴任し、1099年(康和元年)に参議に列しました。1106年(嘉承元年)に権中納言になり、1122年(保安3年)に権大納言になり、1131年(天承元年)に内大臣なりました。1136年(保延2年)に右大臣になり、1138年(保延4年)に従一位に叙されたが、直後に病気で出家しました。藤原宗忠は関白・藤原忠実の政治顧問になり、白河法皇(第72代・白河天皇)や第73代・堀河天皇にも重用されました。藤原宗忠は有職故実に精通し、音楽の才もあって管絃をよくしました。音律に関する著書「韻花集」・「白律韻」を記したが、現存していません。なお藤原宗忠は1141年(永治元年)5月27日に亡くなりました。

【祇園祭と藤原宗忠の「中右記(ちゅうゆうき)」 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る