大覚寺歴史

大覚寺

大覚寺歴史(大覚寺の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)大覚寺は元々平安時代初期に第52代・嵯峨天皇が造営した離宮・嵯峨院があった場所です。その後876年(貞観18年)に嵯峨天皇の皇女で、第53代・淳和天皇の皇后・正子内親王が淳和天皇の第2皇子・恒寂入道親王を開山として離宮を寺院に改めました。

【大覚寺歴史以外の情報】
大覚寺歴史以外の基本情報
大覚寺歴史以外の情報(見どころ)

【大覚寺歴史 年表】
(大覚寺歴史 創建前)
大覚寺(だいかくじ)・旧嵯峨御所大覚寺門跡(きゅうさがごしょだいかくじもんぜき)は平安時代初期に第52代・嵯峨天皇が檀林皇后(橘嘉智子)との成婚の新室である離宮・嵯峨院を造営した場所でした。嵯峨院の名称は唐(中国)の都・長安の北にある景勝地・嵯峨山に由来しているとも言われています。なお嵯峨院では真言宗の開祖である弘法大師・空海が嵯峨天皇の勅願により、空海が自ら刻んだと言われている五大明王を安置する堂を建立して修法を行っていました。

(大覚寺歴史 創建)
842年(承和9年)に第52代・嵯峨天皇が亡くなり、876年(貞観18年)に嵯峨天皇の皇女で、第53代・淳和天皇の皇后・正子内親王(まさこないしんのう)が淳和天皇の第2皇子・恒寂入道親王(ごうじゃくにゅうどうしんのう・恒貞親王)を開山として離宮を寺院に改めて門跡寺院になり、第56代・清和天皇から寺号・大覚寺を賜ったと言われています。

スポンサーリンク


(大覚寺歴史 その後)
1268年(文永5年)に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇)、1289年(正応2年)に第90代・亀山天皇、1307年(徳治2年)に第91代・後宇多天皇が入寺し、亀山法皇・後宇多法皇が院政を行ったことから嵯峨御所(さがごしょ)とも言われました。亀山法皇・後宇多法皇に繋がる系統は大覚寺統(南朝)と言われ、第89代・後深草天皇に繋がる持明院統(北朝)と交代で、天皇を輩出しました。なお後宇多法皇は伽藍の整備に尽力したことから中興の祖・大覚寺殿とも言われています。
1336年(建武3年)に南朝の第96代・後醍醐天皇と北朝の北朝初代・光明天皇・足利尊氏が対立し、足利軍に火を掛けられて焼失しました。
1392年(元中9年)に南北朝の和解が成立し、大覚寺で南朝の第99代・後亀山天皇から北朝の第100代・後小松天皇に「三種の神器」が引き渡されました。
その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火などによって焼失して荒廃しました。なお織田信長や関白・豊臣秀吉から寺領を寄進され、江戸時代初期に朝廷から外護されて再建されました。

【大覚寺歴史 建物】
●正寝殿(しょうしんでん)は桃山時代に建てられた御所・紫宸殿を後水尾天皇から賜って移しました。
●宸殿(しんでん)は江戸時代前半に造営された後水尾天皇の中宮・東福門院(江戸幕府2代将軍・徳川秀忠の娘)の女御御殿の宸殿で、後の明正天皇の仮御所を江戸時代後半に移したと言われています。
●御影堂は1925年(大正14年)大正天皇の即位式に使用された饗応殿を後宇多法皇600回忌に移したものです。
●五大堂は天明年間(1781年~1788年)に再建されました。
●勅使門は嘉永年間(1848年~1853年)に再建されました。
●勅封心経殿(ちょくふうしんぎょうでん)は1925年(大正14年)に再建されました。
●心経宝塔(しんぎょうほうとう)は1967(昭和42年)嵯峨天皇心経写経1150年を記念して建立されました。
●安井堂(やすいどう)は1871年(明治4年)蓮華光院(安井門跡)の御影堂を移したものです。
●霊明殿は1958年(昭和33年)草繋全宜(くさなぎぜんぎ)が東京中野区・日仏寺の本堂を移しました。
●明智陣屋は江戸時代に明智光秀の居城だった亀山城の一部を移したとも言われています。
●霊宝館(れいほうかん)は1968年(昭和43年)勅封心経御写経1150年記念事業として建設されました。
●五社明神は弘法大師・空海が離宮・嵯峨院の鎮守社として勧請したと言われています。

【大覚寺歴史 その他】
●大沢池は814年(弘仁5年)頃に嵯峨天皇が中国・洞庭湖(どうていこ)を模して築造したとも言われています。
●名古曽滝跡(なこそのたきあと)は京都市内に現存する最古の庭園の遺構と言われています。

【大覚寺歴史 覚勝院】
覚勝院(かくしょういん)は正平年間(1346年~1369年)に摂政・関白の子息が出家し、法皇の法流を継承する院家の住坊として、建立されました。
大覚寺歴史・覚勝院

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る