大聖院桜見ごろ(4月中旬頃)

大聖院桜見ごろ

大聖院桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大聖院には本尊・阿弥陀如来を安置する本堂前に京北桜100選に選ばれている枝垂桜(シダレザクラ)が植えられ、枝垂桜と本堂などの光景が美しいと言われています。本堂前に建立されている山門を額縁に見立てて眺めることもできます。(詳細下記参照)

【大聖院桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
大聖院の桜見ごろは例年4月中旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【大聖院桜・大聖院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区京北上弓削町上ノ段36
最寄り駅・バス停・・・下川(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*周山バス停から京北ふるさとバス
京北ふるさとバス・アクセスダイヤ

*京都駅・四条大宮からJRバス・高雄京北線 栂ノ尾・周山行き
西日本JRバス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク

【大聖院桜見ごろ時期】
大聖院はあまり知られていない桜の名所です。大聖院の桜見ごろは例年4月中旬頃です。大聖院には本尊・阿弥陀如来を安置する本堂前に京北桜100選に選ばれている枝垂桜(シダレザクラ)が植えられ、枝垂桜と本堂などの光景が美しいと言われています。本堂前に建立されている山門を額縁に見立てて眺めることもできます。
京北桜100選には上弓削町・周山町・田貫町・五本松町・熊田町・上黒田町・上中町・下熊田町・宮町・井戸町・明石町・下弓削町・中江町・細野町などに植えられたり、分布したりしている桜が選べれています。
大聖院には枝垂桜以外にもツツジ・ヤマモモ・モクラン・キンモクセイ・サツキ・サザンカ・バラ・モミジなども植えられています。
枝垂桜(シダレザクラ)はバラ科サクラ属の一種で、彼岸頃(3月下旬頃)に花を咲かせる江戸彼岸(エドヒガン)の枝垂れ品種です。枝垂桜には八重紅枝垂(ヤエベニシダレ)・紅枝垂(ベニシダレ)・清澄枝垂(キヨスミシダレ)などがあります。枝垂桜は開花時期が3月下旬頃から4月上旬頃で、染井吉野(ソメイヨシノ)よりも早くなります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【大聖院 歴史・簡単概要】
大聖院(だいしょういん)は起源が明確ではありません。大聖院は平安時代中期の1050年(永承5年)頃に堂宇を建立し、十一面観音像を安置したのが起源とも言われています。十一面観音(じゅういちめんかんのん)は頭部に11の顔を持つ菩薩で、観音菩薩(かんのんぼさつ・観世音菩薩(かんぜおんぼさつ))の変化身(へんげしん)であり、六観音(聖観音・千手観音・馬頭観音・如意輪観音・准胝観音)のひとつでもあります。その後衰微したが、室町時代後期(戦国時代)の1537年(天文6年)に下野・足利長祐が薬師如来が造仏し、増慶らが稲波越中守の援助によって堂宇を再建・修理しました。しかしその後再び衰微し、1923年(大正12年)に豊龍が再興し、1968年(昭和43年)に本堂を新築し、1971年(昭和46年)に山門を新築しました。なお大聖院は近畿楽寿観音霊場(きんきらくじゅかんのんれいじょう)の第27番札所・北桑西国三十三箇所霊場(ほくそうさいごくさんじゅうさんかしょれいじょう)の第18番札所です。
大聖院は真言宗御室派の寺院です。
*参考・・・大聖院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【大聖院桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
大聖院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る