カテゴリー:その他

  • 和束川祝橋(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    和束川祝橋がある和束町は京都府南部に位置し、町域の中央部を和束川が流れ、和束川沿いに市街地が形成されています。和束町は町域の大部分が山地で、平地が少なく、山腹の斜面に茶園に整備されています。お茶(和束茶)が特産品で、特に煎茶の生産が盛んです。
  • 八坂庚申堂紅葉見ごろ2021(12月上旬~下旬頃)

    八坂庚申堂紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。八坂庚申堂では本堂と賓頭盧堂の間にカエデが植えられ、紅葉と本堂・賓頭盧堂・色とりどりでカラフルなくくり猿などの光景が美しいと言われています。山門を額縁に見立てて境内を眺めるといいかもしれません。
  • 笠置キャンプ場(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    笠置キャンプ場は北側を流れる木津川と南側を走る関西本線に挟まれています。木津川は青山高原を源とし、柘植川・服部川・名張川・宇治川・桂川と合流して淀川になる一級河川です。関西本線は愛知県名古屋市中村区の名古屋駅と大阪府大阪市浪速区の難波駅を結んでいます。
  • 祇園白川紅葉見ごろ2021(11月中旬頃)

    祇園白川紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。祇園白川ではサクラが植えられ、紅葉と祇園新橋伝統的建造物群保存地区に指定された町並み・白川・辰巳大明神・巽橋・石畳などの光景が美しいと言われています。夜間は昼間と異なった情緒を感じることができます。
  • 舞鶴公園桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    舞鶴公園桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。舞鶴公園では舞鶴市の史跡に指定されている園内にソメイヨシノなど約100本の桜の木が植えられ、桜と彰古館・城門などの光景が美しいと言われています。桜の見ごろにぼんぼりが点灯されます。(要確認)
  • 笠置駅(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    笠置駅は木津川南岸(左岸)に位置し、関西本線は一部区間が木津川を走っています。木津川は布引山地の一部で、三重県伊賀市東部から三重県津市西部に広がる青山高原を源とし、柘植川・服部川・名張川・宇治川・桂川などと合流して淀川になる淀川水系の支流で一級河川です。
  • 高瀬川紅葉見ごろ2021(11月上旬頃)

    高瀬川紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。高瀬川では高瀬川沿いを南北に走る木屋町通の二条から五条までにサクラが植えられ、紅葉と高瀬川・高瀬川沿いの町並みなどの光景が美しいと言われています。特に一之船入の光景が美しいと言われています。
  • 末山・くつわ池自然公園(アクセス・マップ・・・)

    末山・くつわ池自然公園の中心であるくつわ池(北側)は東側を流れる田原川と通じ、くつわ池釣センターが設置されています。くつわ池には桟橋があり、ヘラブナ(へら鮒)釣りを楽しむことができます。日替わりランチなども味わうこともできるそうです。
  • 東一口前川堤(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    東一口前川堤の東一口(一口村)は鳥羽上皇(第74代・鳥羽天皇)の時代(1123年(保安4年)~1156年(保元元年))、平安時代後期に小倉村・三栖村・弾正村とともに巨椋池の漁業権を賜りました。東一口村は特権的な漁業権を持ち、巨椋池の7割を占有していたそうです。
  • あやべ温泉桜見ごろ2022早め(4月上旬~中旬頃)

    あやべ温泉桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。あやべ温泉では周囲にソメイヨシノが植えられ、桜と二王館などの光景が美しいと言われています。展望風呂やレストランから桜を眺めることができます。桜の見ごろにはライトアップも行われています。(要確認)
  • 岡崎疏水紅葉見ごろ2021(11月上旬~中旬頃)

    岡崎疏水紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介。岡崎疏水では疏水沿いにサクラ(ソメイヨシノ)・カエデなどが分布し、紅葉と疎水・慶流橋、そして京都市動物園・京都市美術館・国立近代美術館・京都市勧業館などの光景が美しいと言われています。
  • 鴻ノ巣山運動公園(アクセス・マップ・見どころ・・・)

    鴻ノ巣山運動公園北側にある標高約117.9メートルの鴻ノ巣山は全山に小松が生い茂っています。鴻ノ巣山の名称は鴻の鳥が巣を作ると豊年になるとの謂れに由来しています。なお鴻ノ巣山山頂の展望台からは木津川や生駒山地の山々などを一望することができます。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る