祇園祭と崇徳天皇・祇園臨時祭

祇園祭と崇徳天皇・祇園臨時祭

祇園祭では祇園祭の翌日・6月15日に祇園臨時祭が行われていました。祇園臨時祭は975年(天延3年)に第64代・円融天皇が始めました。1124年(天治元年)から崇徳天皇の御願により、永代の祭礼として行われるようになりました。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑(しんせんえん)に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来(やくしにょらい)の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散(びょうまたいさん)を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から毎年に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【祇園祭と崇徳天皇・祇園臨時祭】
祇園祭ではかつて6月14日に行われていた祇園祭の翌日・6月15日に祇園臨時祭(ぎおんりんじさい)が行われていました。祇園臨時祭は平安時代中期の975年(天延3年)6月15日に第64代・円融天皇(えんゆうてんのう)が始めました。「日本紀略」には「十五日、丙辰、被公家始自今年、被奉走馬并勅楽・東遊・御幣等感神院、是則去年秋依疱瘡御悩、有此御願、今被賽也、是日也、太政大臣参向感神院、公卿・上官供奉、中宮職奉幣同社、有東遊等、使亮従四位下藤原季平」と記され、円融天皇が悩まされていた疱瘡が平癒したお礼に始め、走馬(そうめ)・勅楽(ちょくがく)・東遊(あずまあそび)・御幣(ごへい)を奉納しました。その後第75代・崇徳天皇(すとくてんの)の宿願が成就し、平安時代後期の1124年(天治元年)から崇徳天皇の御願により、毎年6月15日に永代の祭礼として行われるようになりました。「永昌記」には「公家被献東遊・神楽・幣帛於祇園事 六月十五日、庚申、今日公家御奉幣、侍従中納言於杖座行之云々、去年御宿願内云々、使右少将公隆、近衛官人十人奉仕、舞人・陪従四人(装束蔵司)、宣命云、有所思食、限永代自今日礼代幣帛・走馬・東遊・神楽等調備給者、天延三年・貞観年中有此例云々、可有臨時祭之由世以云、然而今日儀如此也」と記され、幣帛(へいはく)・走馬(そうめ)・東遊(あずまあそび)・神楽(かぐら)を奉納しました。祇園臨時祭は室町時代まで断続的に行われていたが、室町時代中期の1450年(宝徳2年)に中絶しました。幕末(江戸時代末期)の1865年(慶応元年)に第121代・孝明天皇(こうめいてんのう)の強い要望によって約400年振りに再興され、1868年(明治元年)に八坂臨時祭に名称が変更され、1870年(明治3年)以降に八坂祭に名称が改められました。なお現在、八坂神社では例年6月15日に例祭が行われ、東遊が奉納されます。また例祭の前夜の御神楽奉納では弥栄雅楽会による人長舞(にんちょうまい)が奉納されています。

【第75代・崇徳天皇 祇園祭】
第75代・崇徳天皇は1119年(元永2年)に第74代・鳥羽天皇と中宮・藤原璋子の間に生まれ、鳥羽天皇の第1皇子でした。生後間もなく親王宣下を受け、1123年(保安4年)1月28日に皇太子となると同日に父が譲位し、数え5歳で第75代・崇徳天皇に即位しました。その後曽祖父・白河法皇(第72代・白河天皇)が崩御すると父が院政を開始しました。1129年(大治4年)に関白・藤原忠通の長女・藤原聖子が入内したが、子供が生まれず、1140年(保延6年)に女房・兵衛佐局の間に第1皇子・重仁親王が生れ、義父・藤原忠通が不快感を抱いたと言われています。父は藤原得子を寵愛し、1141年(永治元年)に崇徳天皇に譲位を迫り、父と藤原得子の間に生まれた第9皇子・躰仁親王が第76代・近衛天皇に即位しました。1155年(久寿2年)に近衛天皇が崩御し、子・重仁親王の即位に望みを掛けたが、叶いませんでした。1156年(保元元年)に父が崩御すると藤原頼長らと組んで保元の乱を起こしたが、実弟である第77代・後白河天皇や義父・藤原忠通らに敗れて讚岐(香川)に配流されました。天皇経験者が配流されたのは第47代・淳仁天皇以来、約400年振りでした。配流後に仏教に深く傾倒して極楽往生を願い、五部大乗経の写本作りに専念し、写本を朝廷に差し出したが、後白河天皇が呪詛が込められているかと疑い、送り返すと夜叉のような姿になり、後に天狗になったとも言われています。なお第75代・崇徳天皇は1164年(長寛2年)9月14日に崩御しました。

【祇園祭と崇徳天皇・祇園臨時祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る