ゴールデンウィークイベント2017

賀茂競馬

ゴールデンウィークイベント2017ではゴールデンウィーク中(2017年4月29日~5月5日)に京都市内などで行われているイベント・行事などを紹介しています。寺院・神社を拝観するだけでなく、イベント・行事を見るのもいいかもしれません。なお日程・アクセスなどは必ずネットなどでチャックして下さい。

【ゴールデンウィークイベント2017 概要】
ゴールデンウィーク中には城南宮の曲水の宴・西院春日神社の藤花祭・壬生寺の壬生狂言・葵祭の関連行事・千本ゑんま堂のゑんま堂狂言・藤森神社の藤森祭・神泉苑の神泉苑祭などが行われます。
2017年4月のイベント
2017年5月のイベント

【ゴールデンウィークイベント2017 マップ・地図】

スポンサーリンク


【ゴールデンウィークイベント2017 曲水の宴】
曲水の宴(きょくすいのうたげ)は平安時代の装束を身に付け、琴の音色の中で歌会の宴を再現し、王朝時代の雅を偲ばせます。曲水の宴では白拍子の舞(しらびょうしのまい)も披露されます。なお城南宮は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都に際、国土の安泰と都の守護を願って、国常立尊・八千矛神・神功皇后を祀ったのが起源と言われています。
日程(要確認)・・・2017年4月29日(土曜日)14:00~
城南宮・曲水の宴

【ゴールデンウィークイベント2017 藤花祭】
藤花祭(とうかさい)は平安時代に宮中で行なわれていた藤花の宴に由来し、1200年の歴史があります。藤花祭はかがり火と雅楽の調べの中で厳かに行われます。なお西院春日神社は833年(天長10年)淳和天皇が退位し、離宮・淳和院に移る際、勅諚によって奈良・春日大社の春日四座大神を勧請し、守護神としたのが起源です。
日程(要確認)・・・2017年4月29日(土曜日)18:00~
西院春日神社・藤花祭

【ゴールデンウィークイベント2017 壬生狂言】
壬生狂言(みぶきょうげん)は円覚上人が始めた宗教劇(仏教パントマイム)で、700年以上の歴史があります。壬生狂言では最初に炮烙割があり、災厄を取り払います。なお壬生寺は991年(正暦2年)園城寺の僧・快賢僧都が母の為に建立したと言われていました。その後融通念仏の円覚上人が再興し、「大念仏狂言」を始めたと言われています。
日程(要確認)・・・2017年4月29日(土曜日)~5月5日(金曜日)13:00~17:30 なお5月5日は13:00~17:30・18:00~22:00です。
壬生寺・壬生狂言

【ゴールデンウィークイベント2017 葵祭の関連行事】
葵祭は欽明天皇(540年~571年)の時代に風水害に見舞われて飢餓・疫病が流行し、卜部伊吉若日子に占わせられたところ賀茂大神の祟りであると奏した為、4月吉日を選んで、馬に鈴を懸け、人は猪頭を被り、駆競して盛大に祭りを行ったことが起源です。なお上賀茂神社は社伝によると神代の昔に賀茂別雷命が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨したのが起源とも言われています。下鴨神社は社伝によると神武天皇の御代に比叡山西麓の御蔭山(みかげやま)に賀茂建角身命が降臨したのが起源と言われています。
●賀茂競馬足汰式(かもくらべうまあしそろえしき)は葵祭の前儀・賀茂競馬で馬の走る組み合わせなどを決めます。
日程(要確認)・・・2017年5月1日(月曜日)13:00頃~
上賀茂神社・賀茂競馬足汰式

●流鏑馬神事(やぶさめしんじ)は葵祭の安全・平穏無事に行われるように祓い清めます。
日程(要確認)・・・2017年5月3日(水曜日)13:00~
下鴨神社・流鏑馬神事

●斎王代以下女人列御禊神事(さいおうだいいかにょにんれつみそぎしんじ)は葵祭に先立って、斎王代などが身を清め、罪・穢れを祓います。
日程(要確認)・・・2017年5月4日(木曜日)10:00~
下鴨神社・斎王代以下女人列御禊神事

●賀茂競馬(かもくらべうま)は12頭の馬が2頭ずつ左方の赤・右方の黒に分かれて走ります。
日程(要確認)・・・2017年5月5日(金曜日)10:00~、競馬(競駈)14:00頃~
上賀茂神社・賀茂競馬

●歩射神事(ぶしゃしんじ)は葵祭の沿道を弓矢を使って祓い清めます。
日程(要確認)・・・2017年5月5日(金曜日)11:00~
下鴨神社・歩射神事

【ゴールデンウィークイベント2017 ゑんま堂狂言】
ゑんま堂狂言(えんまどうきょうげん)は寛仁年間に定覚上人が始めた教言が起源と言われています。ゑんま堂狂言は京の三大狂言の一つに数えられ、他の狂言と異なり、有言の演目もあります。なお千本ゑんま堂・引接寺は1017年(寛仁元年)定覚上人(じょうかくしょうにん)が道場・諸人化導引接仏道を開山し、光明山歓喜院引接寺と称したのが起源と言われています。
日程(要確認)・・・2017年5月1日(月曜日)~4日(木曜日) 1日・2日19:00からの1日1回公演、3日・4日13:00・18:00からの1日2回公演
千本ゑんま堂・ゑんま堂狂言

【ゴールデンウィークイベント2017 藤森祭】
藤森祭(ふじのもりまつり)の駈馬神事(かけうましんじ)は781年(天応元年)早良親王が陸奥の反乱に対する征討将軍の勅を受け、藤森神社で行った祈誓出陣の様子を再現したものです。なお藤森神社は社伝によると203年(神功皇后摂政3年)に第14代・仲哀天皇の皇后だった神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓征伐(さんかんせいばつ)から凱旋した際、山城国深草の里の藤森に纛旗(とうき)を立て、兵具を納めて塚を造ったのが起源とも言われています。
日程(要確認)・・・2017年5月1日(月曜日)~5日(金曜日) 駈馬神事5日13:00~・15:00~
藤森神社・藤森祭

【ゴールデンウィークイベント2017 神泉苑祭】
神泉苑祭(しんせんえんさい)では善女龍王社・拝殿に神輿を祀り、境内に3本の剣鉾が立てられます。神泉苑祭では雅楽や祇園囃子などが奉納されます。なお神泉苑は794年(延暦13年)平安京遷都の際、大内裏に接する場所に造営された禁苑(宮中の庭)です。802年(延暦21年)には雅宴が催されたとも言われています。
日程(要確認)・・・2017年5月2日(火曜日)~4日(木曜日) 雅楽奉納3日16:00~、静御前の舞奉納3日18:30~
神泉苑・神泉苑祭

【ゴールデンウィークイベント2017 大般若祈願会】
大般若祈願会(だいはんにゃきがんえ)では不動明王の前で護摩を焚き、600巻に及ぶ経典を転読し、無病息災・身体健全などを祈願します。祈願会ではたたき加持も行われます。なお狸谷山不動院は平安時代に桓武天皇の勅願により、平安京の鬼門守護として、咤怒鬼(タヌキ)不動明王を安置したのが起源と言われています。
日程(要確認)・・・2017年5月3日(水曜日)11:00~
狸谷山不動院・大般若祈願会

【ゴールデンウィークイベント2017 稲荷祭 氏子祭・還幸祭】
稲荷祭氏子祭(うじこさい)では伏見稲荷大社御旅所に駐輿している5基の神輿が氏子地区を巡行します。還幸祭(いなりさいかんこうさい)では5基の神輿が御旅所から伏見稲荷大社に戻ります。なお伏見稲荷大社は社伝によると711年(和銅4年)伊侶巨秦公が勅命を受け、伊奈利山(稲荷山)の三つの峯の平らな場所に稲荷大神を祀ったことが起源と言われています。
日程(要確認)・・・2017年4月30日(日曜日)13:00~(氏子祭)
日程(要確認)・・・2017年5月3日(水曜日)14:00~(還幸祭)
伏見稲荷大社・氏子祭
伏見稲荷大社・稲荷祭還幸祭

【ゴールデンウィークイベント2017 地主祭り】
地主祭り(じしゅまつり)では白川女・武者などに扮した行列が清水坂・三年坂・茶碗坂などの氏子町内を一巡します。地主祭りでは家内安全・良縁達成・世界平和などを祈願します。なお地主神社は社伝によると神代(かみよ)の昔、つまり日本の建国以前に造営されたと言われています。
日程(要確認)・・・2017年5月5日(金曜日)13:00~
地主神社・地主祭り

【ゴールデンウィークイベント2017 今宮祭神幸祭】
今宮祭神幸祭(いまみやさいしんこうさい)では車太鼓を先頭に祭鉾・八乙女・御神宝・牛車・神輿などの行列が巡幸し、御旅所に向かいます。なお今宮神社は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都以前から疫病鎮めの為に疫神スサノオを祀った社があった場所です。
日程(要確認)・・・2017年5月5日(木曜日)9:30~
今宮神社・今宮祭神幸祭

【ゴールデンウィークイベント2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 恵美須神社火焚祭
  2. 城南宮火焚祭
  3. 聖徳太子御火焚祭
  4. 白峯神宮御火焚祭
  5. 弘法市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る