護王神社ご利益

護王神社

護王神社のパワースポット・ご利益(御利益)には次のようなものがあります。なお護王神社は和気清麻呂を祀った神護寺境内の護王善神堂が起源です。1851年(嘉永4年)孝明天皇は和気清麻呂に「正一位護王大明神」の神階神号を授け、1874年(明治7年)に名称を護王神社に改めました。

【護王神社パワースポット・ご利益以外の情報】
護王神社基本情報

【護王神社パワースポット・ご利益】
護王神社は和気清麻呂(わけのきよまろ)と姉・和気広虫(わけのひろむし)を祀り、厄除け・子供守護のご利益があると言われています。和気清麻呂は僧・弓削道鏡が皇位に就こうと画策したとされる九州・宇佐八幡宮神託事件(道鏡事件)の際、偽託であることを報告し、身を賭して道鏡の野望を挫き、国を守ったことから諸々の災厄を祓い除くご利益があると言われています。また和気広虫は慈悲深く、戦乱で身寄りを亡くした孤児を養育したり、養子にしたりしたことから子育て明神とも言われ、子育て・育児のご利益があると言われています。

スポンサーリンク


【護王神社パワースポット・ご利益 足萎難儀回復の碑】
足萎難儀回復の碑は足形の上に乗ったり、碑を擦ったりすると足腰の病気平癒・足腰の健康・健脚にご利益があると言われています。なお護王神社の祭神・和気清麻呂が道鏡の刺客に襲われた際、突如現れた300頭の猪によって救われるだけでなく、足萎え(あしなえ)も治ったと言われています。それ以来護王神社は足腰の守護神として崇敬されるようになったそうです。

【護王神社パワースポット・ご利益 かりんの木】
かりんの木にはぜんそく封じのご利益があると言われています。なおかりんの木は樹齢100年を超え、京都市巨木・名木百選にも選ばれています。かりんの木は高さ約14メートル・幹周り約1.5メートルです。

【護王神社パワースポット・ご利益 幸運の霊猪】
幸運の霊猪は鼻を擦ると幸せになれるご利益があると言われています。また護王神社に再び来ることができるとも言われています。なお護王神社では1890年(明治23年)から猪が和気清麻呂を救ったことから狛犬の代わりに狛猪が置かれています。それ以来護王神社はいのしし神社とも言われるようになりました。
和気清麻呂と猪を描いた10円紙幣(日本銀行券)がかつて発行され、10円紙幣は「いのしし」とも言われていたそうです。

【護王神社パワースポット・ご利益 座立亥串】
座立亥串(くらたていぐし)には願い事が叶うご利益があると言われています。座立亥串は社務所で授かり、四手と猪の折り紙が付いた竹串1本に自分の名前と願い事を書いた紙札を挟み、ご神木・招魂木(おがたまのき)の根元の座立猪(くらたていのしし)の前に刺します。もう1本の竹串は自宅に持ち帰り、家の神棚手玄関上に上げます。

【護王神社パワースポット・ご利益 備考】
京都パワースポット京都パワースポットランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 流鏑馬神事

    ゴールデンウィークイベント2019

    京都ゴールデンウィークイベント2019では2019年4月27日~5月6日に京都市内などで行われている…
  2. 紅しだれコンサート

    2019年4月のイベント

    京都市内などで2019年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  3. 葵祭

    葵祭2019日程

    葵祭2019日程(葵祭り)を紹介しています。葵祭日程では前儀が5月1日から始まります。葵祭2019で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 松尾祭神幸祭
    松尾大社松尾祭2019は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭が毎…
  2. 稲荷祭氏子祭
    伏見稲荷大社稲荷祭2019は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭…
  3. 壬生狂言
    壬生寺壬生狂言2019(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年4月29日から5月5日…
  4. 曲水の宴
    城南宮曲水の宴(春)2019は京都の春の風物詩です。曲水の宴(春)は毎年4月29日に行われています。…
  5. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る