平安神宮・真如堂桜散策コース(金戒光明寺・・・)

平安神宮

平安神宮・真如堂桜散策コース

平安神宮・真如堂桜散策コースは桜名所として知られる平安神宮からあまり知られていない桜名所である金戒光明寺・真如堂まで散策するコースです。平安神宮は紅枝垂桜の名所で、夜間に紅しだれコンサートが行われます。金戒光明寺は桜と山門、真如堂は桜と三重塔が美しい。

【京都 桜開花時期・満開時期予想】
●2022年の桜の開花・満開・見ごろ情報は2022年1月下旬頃から情報発信します。(順次情報更新中)
京都桜見ごろ2022
京都桜ライトアップ2022

【平安神宮・真如堂桜散策コース】

【京都桜 基礎知識】
桜は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開(桜の見ごろ)になるとも言われています。なお桜と言うと花見を連想するが、奈良時代に花見と言えば、中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に少しずつ変わって行ったそうです。それは貴族などが詠んだ和歌などにも現れ、「万葉集(奈良時代末期頃成立)」では梅を詠んだ歌が119首、桜を詠んだ歌が42種だったが、「古今和歌集(平安時代前期成立)」では梅を詠んだ歌が18首、桜を詠んだ歌が70種とその数が逆転します。(誤差あり)

スポンサーリンク

【平安神宮 桜概要】
桜の本数・・・染井吉野・里桜など約300本
桜の見頃・・・4月上旬頃

【金戒光明寺 桜概要】
桜の本数・・・染井吉野・枝垂桜など約100本
桜の見頃・・・4月上旬頃

【真如堂 桜概要】
桜の本数・・・染井吉野・山桜など約70本
桜の見頃・・・4月上旬頃

【平安神宮・真如堂桜散策コース 平安神宮】
平安神宮は1895年(明治28年)平安京遷都1100年を記念し、京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として、平安京遷都当時の大内裏の一部復元したものです。なお平安神宮の祭礼で、平安神宮の創建と平安京遷都1100年祭を奉祝する時代祭は葵祭・祇園祭と合わせ、京都三大祭りに数えられています。
平安神宮桜見ごろ平安神宮紅しだれコンサート平安神宮見どころ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 熊野神社】
熊野神社は811年(弘仁2年)日円上人が紀州・熊野権現を勧請したのが起源とも、1103年(康和5年)園城寺の僧・増譽が白河上皇の意により、熊野新宮御霊を勧請したのが起源とも言われています。なお熊野神社は新熊野神社・若王子神社とともに「京都三熊野(みくまの)」に数えられました。
熊野神社桜見ごろ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 聖護院】
聖護院は1090年(寛治4年)白河上皇が熊野三山を参詣する熊野御幸の際、先達を務めた増誉大僧正(ぞうよだいそうじょう)が常光寺を下賜され、聖体護持の二字から聖護院となったのが起源です。なお聖護院は修験道廃止令が発布されまでは修験道とも結び付いていました。
聖護院桜見ごろ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 岡崎神社】
岡崎神社は794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、王城鎮護の為に平安京の四方に建てられた社のひとつです。当初平安京の東に位置することから東天王と言われていました。なお岡崎神社の本殿前にある子授けの兎は安産・子授けのご利益があると言われています。
岡崎神社桜見ごろ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 金戒光明寺】
金戒光明寺は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が初めて置いた草庵が起源です。法然上人が大きな石に腰を掛けた時、石から紫の雲が立ち上り、西の空には金色の光が放たれたと言われ、名称の由来になっています。なお幕末には京都守護職・松平容保の会津藩の本陣になりました。
金戒光明寺桜見ごろ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 真如堂】
真如堂は984年(永観2年)比叡山の僧・戒算上人(かいさんしょうにん)が夢告により、比叡山・常行堂の本尊・阿弥陀如来を東三条院の女院離宮に安置したのが起源です。なお浄土宗の重要な仏教行事であるお十夜(10日間の昼夜を一つの区切りとして行われる念仏会)は真如堂が発祥です。
真如堂桜見ごろ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 岡崎疏水】
岡崎疏水は滋賀から京都に流れている琵琶湖疏水の一部で、毎年春に「岡崎桜回廊十石舟めぐり」が期間限定で運航されています。
岡崎疏水桜見ごろ岡崎疏水十石舟めぐり岡崎疏水桜ライトアップ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 哲学の道】
哲学の道は銀閣寺付近から若王子神社に続く約1.8キロの道です。哲学者・西田幾多郎らが散策したことから「哲学の小径」と言われ、その後「哲学の道」になりました。
哲学の道桜見ごろ

【平安神宮・真如堂桜散策コース 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る