カテゴリー:寺社見どころ

  • 金閣寺不動堂・金閣寺見どころ

    不動堂・金閣寺見どころ(歴史・法要・・・)

    不動堂(金閣寺見どころ)を詳しく紹介します。不動堂は金閣寺創建以前に建立されていたが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、天正年間(1573年~1592年)に豊臣政権の五大老の一人だった宇喜多秀家が再建しました。不動堂は金閣寺山内の最古の建物とも言われています。
  • 白峯神宮

    【白峯神宮見どころポイント】簡単まとめ

    白峯神宮見どころ・簡単まとめです。蹴鞠の碑は地主社の横にあります。蹴鞠の碑は地主社を参拝した後、蹴鞠の碑の「撫で鞠」を手で一周回すとスポーツ上達のご利益があると言われています。なお白峯神宮は蹴鞠・和歌の宗家であった飛鳥井邸があった場所です。(白峯神宮見どころ下記参照)
  • 安井金比羅宮

    【安井金比羅宮見どころポイント】簡単まとめ

    安井金比羅宮見どころ・簡単まとめです。縁切り縁結び碑は1978年(昭和53年)に設置されました。縁切り縁結び碑は高さ約1.5メートル・幅約3メートルの巨石に願いが書かれた身代わりのお札・形代がたくさん貼られ、縁切り縁結びのご利益がるとも言われています。(安井金比羅宮見どころ下記参照)
  • 晴明神社

    【晴明神社見どころポイント】簡単まとめ

    晴明神社見どころ・簡単まとめです。厄除桃(やくよけとう)は本殿前にあります。厄除桃は撫でると厄が桃に移り、厄除けのご利益があるとも言われています。桃は「桃」の字が「木」へんに「兆(きざし)」と書くこともあり、陰陽道では厄除け・魔除けの果物とされています。(晴明神社見どころ下記参照)
  • 清水寺

    清水寺ライトアップ・夜間拝観(紅葉・桜・・・)

    清水寺ライトアップ・夜間拝観情報を紹介します。清水寺ライトアップ・夜間拝観は毎年春・夏・秋の3回行われています。春は3月の東山花灯路(ひがしやまはなとうろう)と桜が見ごろを迎える時期の2回、夏は8月の千日詣り(せんにちまいり)、秋は10月のピンクライトアップと紅葉が見ごろを迎える時期の2回です。
  • きつね

    きつね・伏見稲荷大社見どころ(狛狐・お使い・・・)

    きつね(伏見稲荷大社見どころ)を詳しく紹介します。きつね(白狐)は伏見稲荷大社の祭神・稲荷大神のお使いとされ、狛狐(こまぎつね)が狛犬の代わりに境内にたくさん置かれています。その狛狐は稲穂・巻物・玉(宝珠)・鍵を咥えています。稲穂は稲荷大神が農業の神であることに由来すると言われています。
  • お山めぐり

    お山めぐり・伏見稲荷大社見どころ(稲荷山・鳥居・・・)

    お山めぐり(伏見稲荷大社見どころ)を詳しく紹介します。お山めぐりは伏見稲荷大社の祭神・稲荷大神が鎮座したと言われる稲荷山(伊奈利山)の一ノ峰から三ノ峰などの峰々を巡拝するものです。ちなみに稲荷山には18の峰と20余りの谷があり、鳥居・伏見稲荷大社の末社・お塚などが各所に点在しています。
  • 梅苑

    梅・北野天満宮見どころ(飛梅・梅苑・・・)

    梅(北野天満宮見どころ)を詳しく紹介します。梅は祭神・菅原道真がこよなく愛し、大宰府に左遷される際、「東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな(拾遺和歌集)」と詠んだと言われています。北野天満宮では梅苑などに白梅・紅梅など50種・約1,500本の梅が植えられています。
  • なで牛

    なで牛・北野天満宮見どころ(ご利益・お使い・・・)

    なで牛(北野天満宮見どころ)を詳しく紹介します。なで牛は牛が横たわった臥牛像で、境内に十数体奉納されています。牛は「「菅原道真が生まれたのが845年(承和12年)の丑(うし)年」・「菅原道真が亡くなったのが903年(延喜3年)2月25日で、丑の月の丑の日」などの理由から天神さん(菅原道真)のお使いとされています。
  • 伏見稲荷大社

    千本鳥居・伏見稲荷大社見どころ(本数・色彩・・・)

    千本鳥居(伏見稲荷大社見どころ)を詳しく紹介します。千本鳥居の鳥居の数は千本よりも少ない、約900基弱(約860基)とも言われています。千本鳥居などの鳥居の奉納は願い事が「通る」、または「通った」お礼の意味から江戸時代末期の文化・文政年間(1804年~1830年)以降に始まったと言われています。
  • 音羽の滝

    音羽の滝・清水寺見どころ(ご利益・飲み方・・・)

    音羽の滝(清水寺見どころ)を詳しく紹介します。音羽の滝には学問成就・恋愛成就・延命長寿のご利益があると言われています。約4メートルの高さにある3本の筧から流れ落ちる三条の水は滝に向かって左の筧の水には学問成就、中央の筧の水には恋愛成就、右の筧の水には延命長寿のご利益があると言われています。
  • 三十三間堂蓮華王院本堂・三十三間堂見どころ

    千手観音・三十三間堂見どころ(千体仏・本尊・・・)

    千手観音(三十三間堂見どころ)を詳しく紹介します。千手観音には本尊である千手観音坐像(国宝)と1,001体の千手観音立像(重要文化財)があり、千手観音立像は本尊・千手観音坐像の左右にある10段の階段状の仏壇にそれぞれに50体、合計1,000体が安置され、本尊の背後にも1体が安置されています。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る