如意寺日切不動尊大祭2022/4/1(日程・・・)

如意寺日切不動尊大祭

如意寺日切不動尊大祭(日程・時間・・・)を紹介しています。日切不動尊大祭は例年4月1日に行われています。日切不動尊大祭では先ず高さ約26メートルの不動堂前で紫燈大護摩供養が行われ、その後住職による花説法・もちまきが行われます。日切不動尊大祭ではうどんの接待も行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【如意寺日切不動尊大祭2022 日程時間(要確認)】
如意寺日切不動尊大祭2022(●コロナによる実施の有無・変更要確認)は2022年(令和4年)4月1日(金曜日)10:30から行われます。(現在確認中・要注意)
*参考・・・如意寺ホームページ

【如意寺日切不動尊大祭 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京丹後市久美浜町1845
最寄り駅・バス停・・・久美浜駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道宮豊線
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【如意寺日切不動尊大祭 歴史・簡単概要】
如意寺日切不動尊大祭(ひぎりふどうそんたいさい)・柴灯大護摩供(さいとうおおごまく)は例年4月1日に行われています。日切不動尊は日を切って願を掛けるとご利益があるとも言われています。なお如意寺では毎月1日に不動堂内で護摩祈願が行われています。(要確認)
日切不動尊大祭では先ず高さ約26メートルの不動堂前で紫燈大護摩供養が行われ、その後住職による花説法(はなせっぽう)・もちまきが行われます。ちなみに如意寺は関西花の寺25ヵ所の第7番札所で、例年4月上旬に桜・ミツバツツジが見ごろを迎えています。日切不動尊大祭ではうどんの接待も行われています。(要確認)
護摩はバラモン教の宗教儀礼が起源とされ、主に天台宗・真言宗で行われています。護摩には護摩壇に火を点けて護摩木を焚いて祈願する外護摩と心の中の煩悩などを心の火で焼き払う内護摩などがあるそうです。野外の大護摩(採灯大護摩・採燈大護摩)の起源は真言宗の開祖である弘法大師・空海の孫弟子である理源大師・聖宝とも言われています。
不動堂は1983年(昭和58年)に新改築されました。不動堂は重層宝形造で、和様・唐様・天竺様が融合した珍しい様式になっています。不動堂には真言宗の宗祖である弘法大師・空海爪彫と伝えられる日切不動尊を祀っています。また薬師如来・毘沙門天・役行者も安置しています。
不動明王は大日如来の化身とも言われています。大日如来が衆生を教化する際、通常の姿では教化できないので、忿怒相をもって現れたとされています。不動明王は背に火炎を背負い、右手に悪を断ち切る剣、左手に救済の索を持ち、全ての悪と煩悩を抑え、全ての生あるものを救うと言われています。なお不動明王はサンスクリット語のアカラ(阿遮羅) を漢訳したものです。
弘法大師・空海は774年(宝亀5年)に佐伯直田公と阿刀大足の妹の間に生まれました。789年(延暦8年)に叔父・阿刀大足のもとで論語などを学び、その後仏道を志して山林で修行し、東大寺別当・勤操のもとで南都仏教を学びました。804年(延暦23年)に遣唐使として唐(中国)に渡り、青竜寺の恵果のもとで密教を学び、真言密教を日本に伝えて真言宗の開祖になりました。816年(弘仁7年)から高野山で金剛峯寺創建に着手し、823年(弘仁14年)に東寺を賜って真言密教の道場にしました。なお弘法大師・空海は835年(承和2年に高野山で亡くなりました。

【如意寺 歴史・簡単概要】
如意寺(にょいじ)は寺の縁起によると奈良時代の天平年間(729年~749年)に僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が創建したとも言われています。行基が滞在していた際、霊火が山上から出て海に入り、また海から出て山に昇るという不思議な奇瑞(きずい)が起こり、行基が漁師に網を引かせると如意宝珠(にょいほうじゅ)が掛かったことから伽藍を建立して、如意宝珠を納めたとも言われています。その後鎌倉時代の1295年(永仁3年)に第92代・伏見天皇が深く帰依し、正四位下左馬頭(さまのかみ)・藤原定成(ふじわらのさだなり)を勅使に墨書の勅額(ちょくがく)「如意寺」を賜ったと言われています。室町時代前期の1427年(応永34年)に兵火によって伽藍の多くを焼失し、室町時代後期(戦国時代)の天文年間(1532年~1555年)・江戸時代などに度々伽藍が復興されました。1963年(昭和38年)に現在の伽藍が旧地の観音山から末寺・大円寺(だいえんじ)跡である飛地境内に順次移されました。なお如意寺は本尊・十一面観音立像(秘仏)を安置しています。ちなみに十一面観音立像は僧・行基が一刀三礼で造仏したとも言われ、眼守護のご利益があるとも言われています。
如意寺は高野山真言宗の寺院です。
*参考・・・如意寺(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【如意寺日切不動尊大祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
如意寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る