日吉大社紅葉ライトアップ2019/11/9~12/1(日程・時間・・・)

日吉大社

日吉大社紅葉ライトアップ

日吉大社紅葉ライトアップ・夜間拝観(日程・時間・・・)を紹介しています。紅葉ライトアップは毎年紅葉が見ごろを迎える時期に行われています。紅葉ライトアップでは社殿に続く参道や国の史跡に指定されている境内がライトアップされます。日吉大社では11月1日から30日までもみじ祭りが行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【日吉大社紅葉ライトアップ2019 日程時間(要確認)】
日吉大社紅葉ライトアップ2019は2019年(令和元年)11月9日(土曜日)~12月1日(日曜日)17:00~20:30まで行われます。
京都紅葉ライトアップ2019

【日吉大社紅葉ライトアップ アクセス・マップ地図】
場所・・・滋賀県大津市坂本5-1-1
最寄り駅・バス停・・・坂本駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京阪石山坂本線

*JR湖西線の場合、比叡山坂本駅(徒歩約20分)
*比叡山鉄道(坂本ケーブル)の場合、ケーブル坂本駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【日吉大社紅葉ライトアップ 歴史・簡単概要】
日吉大社紅葉ライトアップ・夜間特別拝観(ライトアップ・やかんとくべつこうかい)は紅葉が見ごろを迎える時期に行われています。ちなみに日吉大社の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から下旬頃です。
紅葉ライトアップでは社殿に続く参道や国の史跡に指定されている境内がライトアップされます。ちなみに日吉大社では11月1日から30日までもみじ祭りが行われています。(要確認)なお日吉大社は滋賀県屈指の紅葉名所で、境内には約3000本のモミジ・カエデの木があり、大宮橋から山王鳥居まではもみじロードとも言われ、もみじのトンネルが出現するそうです。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5~6度になると一気に進むと言われています。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィル(葉緑素)が分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。アントシアニンは植物において広く存在する色素、カロテノイドは黄・橙・赤色などを示す天然色素です。

【日吉大社 歴史・簡単概要】
日吉大社(ひよしたいしゃ)は起源が明確ではありません。日吉大社は約2100年前の紀元前91年(崇神天皇7年)に比叡山(日枝の山)の山頂から現在の場所に移って創祀されたとも言われています。ちなみに「古事記」には「大山咋神、亦の名を山末之大主神。此の神は近淡海国の日枝の山に坐し」と記されているそうです。その後788年(延暦7年)の天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄による延暦寺創建後には天台宗・延暦寺の護法神として崇敬され、794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都後には平安京の鬼門(北東)に当たることから鬼門除け・災難除けとして崇敬されました。しかし1571年(元亀2年)の織田信長による比叡山焼き討ちによって焼失し、1586年(天正14年)から社殿の再建が始まりました。なお日吉大社は東本宮に大山咋神(おおやまくいのかみ)・西本宮に大己貴神(おおなむちのかみ)を祀っています。
日吉大社は全国3,800余の日吉神社・日枝神社・山王神社の総本宮です。
*参考・・・日吉大社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ日吉大社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【日吉大社紅葉ライトアップ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
日吉大社(アクセス・見どころ・・・)情報
京都紅葉見ごろ2019

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る