本法寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

本法寺

本法寺

本法寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)本法寺は本阿弥光悦で知られる本阿弥家と深い関係があります。光悦の曾祖父・本阿弥清信は将軍・足利義教に仕えていたが、義教の怒りを買って投獄され、本法寺を創建した日親と獄舎を共にして親しくなったそうです。

【本法寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区本法寺前町617
最寄り駅・バス停・・・堀川寺ノ内(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から本法寺は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
*四条烏丸からは12系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【本法寺 拝観時間・時間(要確認)】
10:00~16:00

【本法寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
宝物館・庭園・・・大人・大学生500円、高校生・中学生300円

スポンサーリンク


【本法寺 歴史・簡単概要】
本法寺(ほんぽうじ)は寺伝によると1436年(永享8年)に日蓮宗の僧・久遠成院日親上人(にっしんしょうにん)が本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)の曾祖父・清信の帰依により、弘通所を東洞院綾小路に創建したが起源とも言われています。しかし1440年(永享12年)に日親上人が室町幕府第6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)の怒りを買って投獄され、1463年(寛正3年)には寺院が破却されました。その後康正年間(1455年~1457年)に四条高倉に再建されたが、1460年(寛正元年)に再び破却され、1464年(寛正4年)に三条万里小路に再建されました。しかし1536年(天文5年)の天文法華の乱で焼失して堺に避難し、1542年(天文11年)に第105代・後奈良天皇が法華宗帰洛の綸旨を下し、一条戻橋付近に再建されました。1587年(天正15年)に関白・豊臣秀吉の命によって現在の場所に移され、本阿弥光二・光悦親子の外護によって伽藍が整備されました。しかし1788年(天明8年)の大火によって経蔵・宝蔵以外の伽藍が焼失しました。
本法寺は日蓮宗の本山です。
*参考・・・本法寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ本法寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【本法寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
本法寺の見どころは庭園・巴の庭(三巴の庭)です。巴の庭(国の名勝)は書家・陶芸家・芸術家である本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が作庭したと言われています。

重要文化財・・・長谷川等伯関係資料、金銅宝塔、紙本墨画文殊寒山拾得像、絹本著色蓮花図、絹本著色群介図、紫紙金字法華経(開結共)、法華題目抄(本阿弥光悦筆)、如説修行抄(本阿弥光悦筆)

【本法寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-441-7997

【本法寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【本法寺 おすすめ散策ルート】
本法寺からのおすすめ散策ルートは堀川通を北に向かい、北大路通を経由し、大徳寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、一休さん(一休宗純)ゆかりの大徳寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお本法寺周辺には水火天満宮・宝鏡寺・妙顕寺、そして裏千家今日庵・表千家不審庵もあり、それらを散策してから大徳寺に向かってもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る