法伝寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

法伝寺

法伝寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)法伝寺の薬師堂に安置されている薬師如来坐像は行基(ぎょうき・ぎょうぎ)作と言われています。行基は民衆に仏法の教えを説き、寺院や道場を建立するだけでなく、困窮者の為に布施屋の設立などの社会事業を広く行いました。

【法伝寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区下鳥羽中三町61
最寄り駅・バス停・・・横大路(徒歩約8分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*中書島からは22系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【法伝寺 拝観時間・時間(要確認)】
不明

【法伝寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
不明

スポンサーリンク


【法伝寺 歴史・簡単概要】
法伝寺(ほうでんじ)・法傳寺は起源が明確ではありません。法伝寺は奈良時代に僧・行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が創建したとも言われています。行基は738年(天平10年)に朝廷から行基大徳の称号が授与され、745年(天平17年)には朝廷から日本初の大僧正位を授与されています。その後1360年(正平15年)に真言宗から浄土宗に改められました。なお1868年(明治元年)に新政府軍と旧幕府軍が戦った戊辰戦争(ぼしんせんそう)の緒戦となった鳥羽・伏見の戦い(とば・ふしみのたたかい)では法伝寺近くで激しい戦闘があたこともあり、1897年(明治30年)に石碑「戊辰東軍(幕府軍)戦死之碑」が建立されました。ちなみに1907年(明治40年)には悟真寺(ごしんじ)・妙教寺(みょうきょうじ)・長円寺(ちょうえんじ)にも建立されたそうです。
法伝寺は浄土宗の寺院です。

【法伝寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
法伝寺の見どころは薬師堂に安置されている薬師如来坐像です。薬師如来坐像は京都市指定文化財で、開基・行基作とも、鳥羽上皇(第74代・鳥羽天皇)の離宮・鳥羽殿の遺仏とも言われています。

【法伝寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-611-5713

【法伝寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【法伝寺 おすすめ散策ルート】
法伝寺からのおすすめ散策ルートは北にある城南宮に向かうルートです。30分ほど散策すれば、城南宮に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお法伝寺は市街地から少し離れ、川を渡った南西には三縁寺はあるが、周辺にはあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る