伊根の舟屋(アクセス・見どころ・概要・・・)

伊根の舟屋

伊根の舟屋

伊根の舟屋(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)伊根の舟屋は「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋(1982年・シリーズ29作目)」・「釣りバカ日誌5(1992年)」・「連続テレビ小説 ええにょぼ(1993年・NHK連続テレビ小説の49作目)」などの映画やテレビドラマのロケ地となり、全国的に知られるようになったそうです。

【伊根の舟屋 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府与謝郡伊根町伊根地区
最寄り駅・バス停・・・伊根

アクセス路線は次の通りです。
*京都丹後鉄道天橋立駅から丹後海陸交通

【伊根の舟屋 拝観時間・時間(要確認)】
自由(迷惑にならないように)

【伊根の舟屋 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【伊根の舟屋 歴史・簡単概要】
伊根の舟屋(いねのふなや)は日本海に突き出た丹後半島(たんごはんとう)の東端で、京都府与謝郡伊根町の伊根地区(伊根浦)に立ち並ぶ民家・舟屋群です。伊根地区では周囲5キロメートルの伊根湾に沿って、約230軒の舟屋が建ち並んでいます。ちなみに伊根の舟屋は江戸時代中期には既に建てられていたとも言われているそうです。伊根湾は日本海側にありながら南に開けた珍しい湾で、風の影響を受けにくく、比較的穏やかな湾です。舟屋は伊根湾の海面にせり出すように建てられ、1階が船揚場・2階が居住スペースになっています。1階の船揚場は船を引き上げる為に傾斜し、漁具の物置や漁業の作業場にもなっています。ちなみに伊根の舟屋の一部は民宿になっていたり、伊根湾をめぐり遊覧船も運行されているそうです。なお伊根の舟屋は全国で漁村として初めて国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、映画やテレビのロケ地にもなりました。
*参考・・・伊根の舟屋伊根の舟屋(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【伊根の舟屋 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
伊根の舟屋の見どころは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された舟屋と海の光景です。伊根湾では遊覧船も運行されている為、海の上から眺めるのもいいかもしれません。

【伊根の舟屋 連絡先】
電話番号・・・+81-75-983-1111(伊根町観光協会)

【伊根の舟屋 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【伊根の舟屋 おすすめ散策ルート】
伊根の舟屋からのおすすめ散策ルートは舟屋群がある伊根湾を散策するルートです。のんびり舟屋群や海などの自然を感じながら散策すれば、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお伊根の舟屋周辺にはあまり観光スポットは多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る