神応寺紅葉見ごろ2021(11月下旬頃)

神応寺紅葉見ごろ(例年)・見どころ

神応寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。神応寺では参道や境内にイロハモミジ・イチョウなどが分布し、紅葉と参道・本堂・鐘楼・山門・高さ約6メートルの日本最大級の五輪石塔(航海記念塔)などの光景が美しいと言われています。境内に続く長さ約100メートル・約170段の参道に樹齢60年のイロハモミジが分布しています。(詳細下記参照)

【神応寺 紅葉見ごろ(例年)・2021年の予想】
神応寺の紅葉見ごろは例年11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年10月13日、ウェザーニュースは西日本では平年並から早いと予測しました。嵐山は11月21日頃です。
京都紅葉見ごろ2021

【神応寺紅葉見ごろ アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府八幡市八幡西高坊24
最寄り駅・バス停・・・石清水八幡宮駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京阪本線

スポンサーリンク

【神応寺 紅葉見ごろ(例年)・見どころ解説】
神応寺は紅葉の名所です。神応寺の紅葉見ごろは例年11月下旬頃です。神応寺は標高約45メートルです。
神応寺では参道や境内にイロハモミジ・イチョウなどが分布し、紅葉と参道・本堂・鐘楼・山門・高さ約6メートルの日本最大級の五輪石塔(航海記念塔)などの光景が美しいと言われています。境内に続く長さ約100メートル・約170段の参道に樹齢60年のイロハモミジが分布しています。神応寺近くでは石清水八幡宮参道ケーブル(男山ケーブル)が運行され、眼下に紅葉と眺望を楽しむことができます。なお神応寺では紅葉が見ごろを迎える時期に紅葉まつり・特別寺宝公開が行われ、開山行教律師座像(重要文化財)・豊臣秀吉像・秀吉公御朱印などの寺宝が公開されたり、絵画・写真や手作り作品の展示・即売などのイベントが行われたりします。(要確認)
本堂は江戸時代後期の1795年(寛政7年)に再建されました。
鐘楼は棟札によると江戸時代中期の1692年(元禄5年)に建立されました。
石清水八幡宮参道ケーブル(男山ケーブル)はケーブル八幡宮口駅とケーブル八幡宮山上駅の長さ約400メートル・高低差約82メートルを結んでいます。石清水八幡宮参道ケーブルは1922年(大正11年)12月22日に鉄道免許状が下り、1926年(大正15年)6月22日から運行されています。
五輪石塔(重要文化財)は高さ約6.08メートル・幅約2.44メートルです。五輪石塔は元々平安時代前期の883年(元慶7年)に建立された石清水八幡宮の宮寺・極楽寺の境内に建立されていたが、極楽寺は廃寺になって五輪石塔だけが残されたと言われています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期に庶民の行楽として人気になったと言われています。なお奈良時代末期成立の日本最古の和歌集「万葉集(まんようしゅう)・萬葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ

【神応寺 歴史・簡単概要】
神応寺(じんのうじ)・神應寺は平安時代前期の860年(貞観2年)に石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)創建の起源となった南都(奈良)大安寺(だいあんじ)の僧・行教(ぎょうきょう)が石清水八幡宮が祀られている標高約142.5メートルの男山(おとこやま)北麓に創建しました。行教は859年(貞観元年)に宇佐八幡宮(うさはちまんぐう)の祭神・八幡大神(はちまんおおかみ)から「吾れ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」という神託を受け、男山の峯に神霊を奉安し、石清水八幡宮の起源になりました。神応寺は石清水八幡宮の神宮寺(じんぐうじ)で、当初四宗兼学(ししゅうけんがく)でした。その後室町時代後期に禅宗に改められました。桃山時代の文禄年間(1592年~1596年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が朝鮮に出兵するの際、石清水八幡宮に参詣して軍の先鋒に神官を望んだが、神社は恐れたことから豊臣秀吉の機嫌を損ね、神応寺の僧侶が機転を利かし「征韓の首途にはまず應神天皇(八幡大神)の御寺に参詣すべき」と進言すると機嫌を直し、寺領200石が寄進されたと言われています。ちなみに神応寺には豊臣秀吉の衣冠束帯の像が安置されています。その後桃山時代から江戸時代初期の慶長年間(1596年~1615年)に尾張国中島郡下津村(小牧市)にある曹洞宗(そうとうしゅう)の正眼寺(しょうげんじ)の末寺として再興されました。なお神応寺は本尊・薬師如来(やくしにょらい)を安置しています。
なお神応寺は曹洞宗の寺院です。
*参考・・・神応寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)

【神応寺紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
神応寺(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2021

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る