地主神社パワースポット・ご利益(縁結び・子授け・・・)

地主神社

地主神社パワースポット・ご利益

地主神社のパワースポット・ご利益(御利益)には次のようなものがあります。なお地主神社は社伝によると神代の昔、つまり日本の建国以前に造営されたと言われています。それを証明するように米国人科学者によって恋占いの石が縄文時代の遺物であることが確認されました。

【地主神社パワースポット・ご利益】
地主神社は正殿に縁結びの神・大国主命(おおくにぬしのみこと)、その父母神・素戔嗚命(すさのおのみこと)と奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)、更に奇稲田姫命の父母神・足摩乳命(あしなずちのみこと)・手摩乳命(てなずちのみこと)を三代続けて祀り、相殿に芸能と長寿の神・大田大神、旅行安全・交通安全の神・乙羽竜神、知恵と才能の神・思兼大神を祀り、縁結び・子授け・安産・芸能上達・長寿・旅行安全・交通安全・知恵授けなどのご利益があると言われています。
大国主命は兄たちとともに八上比売(やかみひめ)に求婚する為に因幡を訪れ、皮を剥がされた兎に出会う。兄たちは海水を浴びて風に当たるようにと告げたことから兎の傷は悪化したました。大国主命は兎の傷を治したことから兎は八上比売が大国主命を選ぶであろうと予言し、二人は結ばれました。

【地主神社パワースポット・ご利益 栗光稲荷社】
地主神社の末社・栗光稲荷社(くりみついなりしゃ)は栗光稲荷大神(くりみついなりおおかみ)を祀り、商売繁盛・開運招福・家内安全のご利益があると言われています。

スポンサーリンク


【地主神社パワースポット・ご利益 祓戸社】
地主神社の末社・祓戸社(はらえどしゃ)は祓戸大神(はらえどのおおかみ)を祀り、水晶玉に軽く触れるとついた不浄や沈んだ気持ちを祓い清め、清らかで活力ある心へと導く、厄除開運・活力向上のご利益があると言われています。

【地主神社パワースポット・ご利益 おかげ明神】
地主神社の末社・おかげ明神(おかげみょうじん)は一願成就の守り神、女性の守り神とされ、どんな願い事でもひとつだけ叶えるご利益があると言われています。なおおかげ明神の後ろのご神木の杉は「いのり杉」とも、「のろい杉」とも言われ、かつては丑の刻参りに使われ、五寸釘の跡が残っていると言われています。

【地主神社パワースポット・ご利益 水かけ地蔵】
地主神社の末社・水かけ地蔵(みずかけじぞう)は水を掛けて祈願すると商売繁盛・家内安全・開運招福のご利益があると言われています。

【地主神社パワースポット・ご利益 撫で大黒】
地主神社の末社・撫で大黒(なでだいこく)は撫でる場所により、良縁成就・安産・商売繁盛・受験合格・芸事上達などにご利益があると言われています。小槌は良縁成就・開運・厄除け、頭は受験合格・成績向上、お腹は安産・子授け、俵は立身出世・土地守護・家内安全・夫婦円満、福袋は金運・商売繁盛、手は勝運・芸事上達、足は旅行安全・交通安全などです。

【地主神社パワースポット・ご利益 良縁大国】
地主神社の末社・良縁大国(りょうえんだいこく)には良縁成就のご利益があると言われています。

【地主神社パワースポット・ご利益 恋占いの石】
恋占いの石2つのは10メートルほど離れ、目を瞑って石の間を歩き、石から石に辿り着くと恋が叶うご利益があると言われています。1度で成功すると早く成就し、助けを借りて辿り着くと成就にも助けが必要になるとも言われています。

【地主神社パワースポット・ご利益 契り糸】
紅色の契り糸は女性、白色の契り糸に男性が名前を書き、両方を合せて大国様に結びつけると縁結びのご利益があると言われています。また良縁を望む女性は紅色の契り糸に名前、白色の契り糸に願い事を書くと良縁に恵まれるとも言われています。

【地主神社パワースポット・ご利益 幸福祈願所】
幸福祈願所はドラを三度叩いて縁結び・幸福を祈願し、音の余韻が長いほど願い事が叶うご利益があると言われています。

【地主神社パワースポット・ご利益 備考】
地主神社基本情報地主神社歴史地主神社見どころ
京都パワースポット京都パワースポットランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る