カテゴリー:7月イベント

  • はも道中

    祇園祭はも道中2020/7/

    祇園祭はも道中(日程・時間等)を紹介。祇園祭はも道中は毎年7月上旬に行われています。はも道中では八坂神社から四条通を木桶に入れた鱧(はも)・人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)の人形・クイーン淡路・島原の太夫などが練り歩き、その後八坂神社に鱧を奉納します。なお祇園祭は別名・鱧祭(鱧祭り)とも言われています。
  • 稚児舞披露

    祇園祭長刀鉾稚児舞披露2020/7/5

    祇園祭稚児舞披露2020(日程・時間等)を紹介。祇園祭稚児舞披露は毎年7月5日に行われています。稚児舞披露は先ず稚児が長刀鉾町関係者の前で稚児舞(太平の舞)を披露し、了承が得られた場合、長刀鉾町の町会所二階の窓を長刀鉾に見立てて、一般に稚児舞を披露します。稚児舞は祇園祭山鉾巡行(前祭)中などに披露されます。
  • 風祭り

    千本ゑんま堂風祭り2019/7/1~15

    千本ゑんま堂風祭り(日程・時間等)を紹介。風祭りは毎年7月1日から15日まで行われています。風祭りでは本尊・閻魔法王がライトアップされ、風鈴(ふうりん)が境内に飾られます。また風祭りでは梶の葉(かじのは)祈願が行われます。七夕ではかつて梶の葉に願い事を書いて吊るし、月に照らされると願い事が叶うとも言われたそうです。
  • 長刀鉾町お千度

    祇園祭長刀鉾町お千度2020/7/1

    祇園祭長刀鉾町お千度2020(日程・時間等)を紹介。祇園祭長刀鉾町お千度は毎年7月1日に行われています。お千度は長刀鉾町の役員が稚児・稚児を補佐する2人の禿を伴って八坂神社を訪れ、本殿で稚児・禿に選ばれたことを報告し、神事(祇園祭)の無事を祈願します。その後稚児などは本殿を時計回りに3周します。
  • 嵐山の鵜飼

    嵐山の鵜飼2019/7/1~9/23

    嵐山の鵜飼2019(日程・時間等)を紹介。嵐山の鵜飼は毎年7月上旬頃から9月下旬頃まで行われています。鵜飼に使われる鵜は渡り鳥である野生のウミウを捕獲し、鵜匠(うしょう)が訓練したものです。風折烏帽子(かざおれえぼし)に腰みのの鵜匠は鵜を繋いでいる綱を巧みに操り、鮎(あゆ)などの魚を獲ります。
  • 鵜飼

    宇治川の鵜飼2019/7/1~9/30

    宇治川の鵜飼2019(日程・時間等)を紹介。宇治川の鵜飼は毎年7月から9月まで行われています。鵜飼に使われる鵜は渡り鳥である野生のウミウを捕獲し、鵜匠(うしょう)が訓練したものです。鵜匠は鵜を繋いでいる綱を巧みに操り、鮎などの魚を獲ります。なお宇治川の鵜飼は平安時代には既に行われていました。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る