浄福寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

浄福寺

浄福寺

浄福寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)浄福寺には天狗の伝承が残されています。浄福寺は1788年(天明8年)の天明の大火に見舞われるが、本坊は焼失を免れました。鞍馬の天狗が東門(赤門)に飛来し、大きな団扇で扇いで延焼を妨げたと言われています。

【浄福寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区浄福寺一条上笹屋2丁目601
最寄り駅・バス停・・・千本今出川(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から浄福寺は50系統(B2乗り場)、206系統(A3乗り場)
*四条河原町からは10系統、46系統、59系統
*四条烏丸からは46系統、55系統、201系統
*河原町丸太町からは10系統、59系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

【浄福寺 拝観時間・時間(要確認)】
日中

【浄福寺 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【浄福寺 歴史・簡単概要】
浄福寺(じょうふくじ)は延暦年間に奈良興福寺の学僧・賢憬(けんけい)が葛野郡村雲に建立し、二十五大寺のひとつに数えられたとも、896年(寛平8年)光明天皇の中宮・班子(はんし)が建立したとも言われています。その後度々焼失したり、移ったりしたが、1615年(元和元年)に現在の場所に移りました。寛文年間(1661年~1673年)に第112代・霊元天皇の命により、僧・宝山が洛外・六地蔵(伏見六地蔵・鳥羽地蔵・桂地蔵・常盤地蔵・鞍馬口地蔵・山科地蔵)以外の48寺の地蔵尊を選んだ洛陽四十八願所地蔵巡り(京都48願寺)のひとつに数えられました。その後も度々焼失したが、1985年(昭和60年)に本堂などが京都市指定文化財になりました。
浄福寺は浄土宗の寺院です。

【浄福寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
浄福寺の見どころは京都市指定文化財の本堂・釈迦堂・書院・鐘楼です。

重要文化財・・・阿弥陀三尊二十五菩薩来迎図、絹本著色十王図 土佐光信筆

【浄福寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-441-0058

【浄福寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【浄福寺 おすすめ散策ルート】
浄福寺からのおすすめ散策ルートは東にある京都御苑(京都御所・仙洞御所)向かうルートです。20分ほど散策すれば、京都御苑に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。ただ京都御所・仙洞御所の拝観には事前の申込みが必要です。なお浄福寺の南には世界遺産である二条城があり、そちらを散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 聖徳太子御火焚祭
  2. 白峯神宮御火焚祭
  3. 御茶壺奉献祭・口切式
  4. 天神市
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る