上賀茂神社渉渓園・上賀茂神社見どころ(修学旅行)

上賀茂神社渉渓園

●上賀茂神社渉渓園は1960年(昭和35年)に浩宮徳仁親王(ひろのみやなるひとしんのう)が誕生し、その奉祝事業として、平安時代の雅を伝える賀茂曲水宴(かもきょくすいのえん)を復活させる為に造営されました。上賀茂神社渉渓園は作庭家・中根金作(なかねきんさく)が作庭しました。上賀茂神社渉渓園は面積約500坪で、桜・楓・ツツジ・馬酔木などが植えられています。なお上賀茂神社渉渓園はかつて神宮寺の池があった場所とも言われています。
中根金作は1917年(大正6年)8月28日に静岡県磐田郡天竜村(静岡県磐田市)に生まれました。静岡県立浜松工業学校(静岡県立浜松工業高等学校)を卒業し、一時外資系企業で図案を描いていました。その後東京高等造園学校(東京農業大学造園科学科)に入学し、1943年(昭和18年)に京都府の園芸技師に採用され、文化財保護課課長補佐などを歴任したが、自主退職しました。その後は裏千家学園茶道専門学校講師などを務めながら1966年(昭和41年)に中根庭園研究所設立しました。また大阪芸術大学学長・浪速短期大学学長なども歴任しました。中根金作は足立美術館庭園・大仙公園日本庭園・退蔵院(たいぞういん)余香苑(よこうえん)・城南宮(じょうなんぐう)楽水苑(らくすいえん)・ボストン美術館天心園・ジュロンタウン日本庭園星和園など国内外で300近い庭園を作庭し、日本造園学会賞・全オーストリア園芸協会金賞・日本公園緑地協会公園緑地北村賞などを受賞しました。また大阪市民表彰・正五位勲三等瑞宝章を授与されました。なお中根金作は1995年(平成7年)3月1日に亡くなりました。
賀茂曲水宴は平安時代末期の1182年(寿永元年)に神主・賀茂重保(かものしげやす)が15~16名の歌人を招いて行った曲水宴が起源と言われています。賀茂曲水宴は1960年(昭和35年)の浩宮徳仁親王誕生を記念して再興されたが、その後中断しました。1994年(平成6年)の皇太子成婚・平安京建都1200年・第41回の式年遷宮の奉祝行事として改めて復興されました。賀茂曲水宴は川に盃を流し、盃が目の前を通り過ぎる前に和歌を詠む平安時代の雅な曲水宴を再現したものです。斎王代(さいおうだい)が和歌のお題を発表し、歌人が和歌を詠み、その後羽觴(うしょう)を使って盃を運び、歌人にお酒が振舞われます。その後和歌を記した短冊が回収され、冷泉家時雨亭文庫(れいぜいけしぐれていぶんこ)の方が和歌を披露します。
上賀茂神社見どころ

ページ上部へ戻る