上山神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)

上山神社

上山神社(アクセス・見どころ・歴史概要・料金・・・)情報を紹介しています。上山神社では例年4月下旬頃に筒川祭が行われ、菅野神楽が奉納されます。菅野神楽は尾張国の井戸掘り職人が伝えたとされ、和唐内・天狗の舞・岡崎・神楽・剣の舞・花の舞・おそめの舞など12種類の演目を受け継がれています。

【上山神社 アクセス・マップ】
場所・・・京都府与謝郡伊根町菅野
最寄り駅・バス停・・・菅野(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)宮津駅から丹後海陸交通バス
路線・時刻表・運賃チェック

【上山神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【上山神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク

【上山神社 歴史・簡単概要】
上山神社(かみやまじんじゃ)は京都府与謝郡伊根町菅野にあります。上山神社は起源が明確ではありません。上山神社は社伝によると平安時代中期の「延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)・927年(延長5年)編纂」で式内社に列せられた吾野神社として創建されたとも言われています。また上山神社は平安時代後期の1036年(長元9年)に創建されたとも言われています。室町時代前期の1397年(応永4年)に社殿が類焼し、翌1398年(応永5年)に社殿が再建されたとも言われています。また1398年(応永5年)に三柱神社が転座されてきたとも言われています。明治維新後に山神社と称し、1873年(明治6年)に村社に列せられ、1921年(大正10年)に神饌幣帛料供進神社に指定されました。上山神社は五男三女神(ごなんさんにょしん・元八大荒神)を主祭神として祀っています。五男三女神は天之忍穂耳命(あめのおしほみみ)・天之菩卑能命(あめのほひのみこと)・天津日子根命(あまつひこねのみこと)・活津日子根命(いくつひこねのみこと)・熊野久須毘命(くまのくすびのみこと)・多紀理毘売命(たきりびめのみこと)・狭依毘売命(さよりびめのみこと)・田寸津比売命(たきつひめのみこと)です。

【上山神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
上山神社の見どころは例年4月下旬頃に行われる筒川祭です。筒川祭では尾張国の井戸掘り職人が伝えたとされる菅野神楽(菅野の尾張獅子・落山の伊勢神楽)が奉納されます。菅野神楽には岡崎・神楽(かぐら)・剣の舞・花の舞・おそめの舞(お染の舞)・玉の舞・天狗の舞(てんぐのまい)・法螺の舞(ほらのまい)・両剣の舞・不動の舞・大神女郎の舞・和唐内(わとうない)の12種類の演目があります。和唐内では荒武者が荒れ狂う獅子を手なずけ、早替わりが行われます。天狗の舞では子供が天狗の面を被って舞います。

【上山神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0772-32-0277(伊根町観光協会)

【上山神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【上山神社 おすすめ散策ルート】
上山神社からのおすすめ散策ルートは南東にあるにある妙光寺に向かうルートです。15分ほど散策すると妙光寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお上山神社周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る