祇園祭と官祭(かんさい)・二十二社

祇園祭と官祭(かんさい)・二十二社

祇園祭は「二十二社註式」によると970年(天禄元年)に官祭になりました。官祭では神祇官または諸国の国司が班幣を捧げていたが、平安時代中期以後に衰退し、八坂神社などの二十二社などを除いて行われなくなりました。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑(しんせんえん)に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来(やくしにょらい)の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散(びょうまたいさん)を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から例年6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【祇園祭と官祭(かんさい)・二十二社】
祇園祭は「二十二社註式」によると第64代・円融天皇(えんゆうてんのう)の時代(969年~984年)、970年(天禄元年)に官祭(かんさい)になり、以後毎年6月14日に行われるようになりました。官祭は公祭(こうさい)とも言われ、国家行事に位置付けされた官社(神社)の祭礼です。官祭は古くは神祇官(じんぎかん)の「神名帳(じんみょうちょう・官帳)」に記載された官社で、班幣が捧げられた祈年祭(きねんさい・としごいのまつり)を指していました。ちなみに平安時代前期の807年(大同2年)の歴史書「古語拾遺」によると飛鳥時代後期の大宝年間(701年~704年)に「神名帳(官帳)」に神名を載せることが始まり、奈良時代前期の天平年間(729年~749年)に制度化されたと言われています。平安時代中期の927年(延長5年)編纂の「延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)」に大小3,132座(2,861社)の官社があり、その数だけの官祭が行われていました。また官社の内の大社で行われる新嘗祭(にいなめさい)・相嘗祭(あいなめさい)・名神祭でも班幣が捧げられ、それらも官祭とされました。官祭では神祇官または諸国の国司が班幣を捧げていたが、平安時代中期以後に衰退し、八坂神社などの二十二社(にじゅうにしゃ)などを除いて行われなくなりました。明治維新後に官祭が再興されて官幣が出されていたが、戦後に官社・官祭が廃止されました。なお八坂神社では祇園祭の翌日・6月15日に祇園臨時祭(ぎおんりんじさい)が行われ、朝廷から奉幣使(ほうへいし)も遣わされていました。祇園臨時祭は平安時代中期の975年(天延3年)6月15日に第64代・円融天皇から走馬(そうめ)・勅楽(ちょくがく)・御幣(ごへい)を奉ったが起源と言われています。

【二十二社 祇園祭】
二十二社は平安時代中期以降に朝廷から格別の崇敬を受けた神社の社格です。二十二社は上七社に神宮(伊勢神宮(いせじんぐう))・石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)・賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ・上賀茂神社)・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ・下鴨神社)・松尾大社(まつのおたいしゃ)・平野神社(ひらのじんじゃ)・伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)・春日大社(かすがたいしゃ)、中七社に大原野神社(おおはらのじんじゃ)・大神神社(おおみわじんじゃ)・石上神宮(いそのかみじんぐう)・大和神社(おおやまとじんじゃ)・廣瀬大社(ひろせたいしゃ)・龍田大社(たつたたいしゃ)・住吉大社(すみよしたいしゃ)、下八社に日吉大社(ひよしたいしゃ)・梅宮大社(うめのみやたいしゃ)・吉田神社(よしだじんじゃ)・廣田神社(ひろたじんじゃ)・八坂神社(やさかじんじゃ)・北野天満宮(きたのてんまんぐう)・丹生川上神社中社(にうかわかみじんじゃ)・丹生川上神社上社・丹生川上神社下社・貴船神社(きふねじんじゃ)が選ばれていました。平安時代中期に延喜年間(898年~923年)に吉田神社・廣田神社・北野天満宮・梅宮大社・八坂神社・日吉大社を除く、十六社が先ず選ばれ、1081年(永保元年)に永例とされて二十二社奉幣制度が確立しました。ちなみに八坂神社は995年(長徳元年)に選ばれました。なお二十二社では国家の重大事や天変地異が起こった際に朝廷から特別の奉幣(ほうへい)を受けました。

【祇園祭と官祭(かんさい)・二十二社 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る