笠置駅桜見ごろ2023(3月下旬~4月上旬頃)

笠置駅桜見ごろ(見頃)

笠置駅桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。笠置駅では線路両脇にソメイヨシノ・ヤマザクラが植えられ、桜と笠置駅・線路・電車などの光景が美しいと言われています。笠置駅では桜と一緒に電車を写真撮影したり、電車に乗りながらお花見を楽しんだりするのがおすすめです。(詳細下記参照)

【笠置駅桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
笠置駅の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023

【笠置駅桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府相楽郡笠置町大字笠置
最寄り駅・バス停・・・笠置駅(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR関西本線
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【笠置駅桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
笠置駅はあまり知られていない桜の名所です。笠置駅の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
笠置駅では線路両脇にソメイヨシノ(染井吉野)・ヤマザクラ(山桜)が植えられ、桜と笠置駅・線路・電車などの光景が美しいと言われています。笠置駅では桜と一緒に電車を写真撮影したり、電車に乗りながらお花見を楽しんだりするのがおすすめです。また笠置駅からは日本さくら名所100選に選ばれている笠置山自然公園を借景に眺めたり、写真撮影したりするのもおすすめです。ちなみに笠置山自然公園内に建立されている笠置寺に続く山道を30分ほど登ると高台から笠置駅が眼下に見下ろすことができます。なお隣接している笠置キャンプ場も桜の名所で、キャンプ・バーベキューを楽しむことができます。
ソメイヨシノは幕末に東京染井村の植木職人がエドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を交配させて生み出したと言われています。ソメイヨシノは古くから桜の名所である奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、その後染井村からソメイヨシノと言われるようになりました。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。花弁は広楕円形で頂部に切れ込みがあります。
ヤマザクラは本州の関東以西、南日本の山地に多く自生しています。ヤマザクラはオオシマザクラ(大島桜)・エドヒガン(江戸彼岸)・カンヒザクラ(寒緋桜)などとともに日本国内に自生する10種のサクラ属の基本野生種とされています。ヤマザクラは春に数個ずつ散房状に花をつけ、赤茶色に染まった葉と同時に開き、径2.5~3センチの淡紅色の5弁花を咲かせます。ヤマザクラはエドヒガン(江戸彼岸)に次いで長命の桜です。
笠置山自然公園は木津川南岸にそびえる標高289メートルの笠置山と木津川の峡谷を中心とした面積約19.96ヘクタールの自然公園です。笠置山は古くから信仰の山とされ、飛鳥時代に創建されたとも言われる笠置寺や南朝初代天皇で、第96代・後醍醐天皇の仮の御所・行在所跡、そして弥勒石・虚空蔵石・薬師石などの石仏や名石・巨石・奇岩・怪石が点在しています。
笠置キャンプ場は京都府相楽郡笠置町佃にあります。笠置キャンプ場は木津川と打滝川合流点付近で、木津川に架けられている笠置大橋下流の河川敷に整備されています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【笠置駅 歴史・簡単概要】
笠置駅(かさぎえき)は京都府相楽郡笠置町大字笠置にあります。笠置駅は木津川南岸(左岸)に位置しています。笠置駅は愛知県名古屋市中村区のJR名古屋駅から三重県のJR亀山駅・奈良県のJR奈良駅を経て、大阪府大阪市浪速区のJR難波駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線(かんさいほんせん)の駅です。笠置駅は1897年(明治30年)11月11日に関西鉄道が三重県の伊賀上野駅(いがうえのえき・上野駅)から京都府の加茂駅(かもえき)間を開通させた際に開業しました。1907年(明治40年)10月1日に国有化され、1909年(明治42年)10月12日に関西本線に所属するようになり、1955年(昭和30年)3月29日に駅舎が改築されました。笠置駅はプラットホーム両側が線路に接する島式ホーム(1面2線)の地上駅で、駅舎とホームが線路をまたぐ跨線橋(こせんきょう)で連絡しています。笠置駅ではかつて国鉄時代に東京からの急行・大和が通過し、行楽期には準急・かすがが臨時停車したり、笠置ホリデーが運行されたりしていたそうです。なお笠置駅周辺には笠置温泉・笠置キャンプ場・京都府立笠置山自然公園などがあります。
*参考・・・笠置駅(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【笠置駅桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
笠置駅(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る