笠置山自然公園桜見ごろ

笠置山自然公園桜(見ごろ時期・ライトアップ・アクセス・・・)情報を紹介しています。笠置山自然公園には染井吉野・山桜・枝垂桜などの桜の木が植えられ、桜と木津川・笠置山などの光景が美しいと言われています。笠置山自然公園では桜が見ごろを迎える時期に笠置さくらまつりが行われます。キャンプ場の桜の木が夜間にライトアップされます。(要確認)(詳細下記参照)

【笠置山自然公園桜見ごろ時期 2019年(要確認)】
笠置山自然公園桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。●2020年の桜見ごろ予想は2020年1月頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2020京都桜ライトアップ2020京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【笠置山自然公園桜・笠置山自然公園 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府相楽郡笠置町笠置
最寄り駅・バス停・・・笠置駅(徒歩約45分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR関西本線

スポンサーリンク


【笠置山自然公園桜見ごろ時期・見どころ】
笠置山自然公園は桜の名所です。桜は4月上旬頃に見ごろを迎えます。笠置山自然公園には染井吉野(ソメイヨシノ)・山桜(ヤマザクラ)・枝垂桜(シダレザクラ)などの桜の木が植えられ、桜と木津川・笠置山などの光景が美しいと言われています。桜の木はJR笠置駅周辺に多く植えられ、電車から桜のトンネル気分を味わえるとも言われています。笠置山自然公園では桜が見ごろを迎える時期に笠置さくらまつりが行われます。笠置さくらまつりでは笠置駅前の産業振興会館で音楽会が行われたり、地元特産品の即売会が行われたりします。またキャンプ場の桜の木が夜間にライトアップされます。(要確認)
染井吉野は江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から日本各地に広まりました。なお染井吉野は当初桜の名所である奈良吉野山に因んで、吉野・吉野桜と言われていたが、その後染井村から染井吉野と言われるようになりました。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【笠置山自然公園 歴史・簡単概要】
笠置山自然公園(かさぎやましぜんこうえん)は三重県伊賀市東部から津市西部に広がる青山高原(あおやまこうげん)を源とする淀川(よどがわ)水系の一級河川・木津川(きづがわ)の南岸にそびえる標高289メートルの笠置山と木津川の峡谷を中心とした面積約19.96ヘクタールの自然公園です。笠置山は古くから信仰の山・修験道(しゅげんどう)の道場とされ、飛鳥時代に創建されたとも言われる笠置寺(かさぎでら)や南朝初代天皇で、第96代・後醍醐天皇の仮の御所・行在所(あんざいしょ)跡、そして弥勒石(みろくいし)・虚空蔵石(こくうぞういし)・薬師石(やくしいし)などの石仏や名切石・太鼓石などの名石・巨石・奇岩・怪石が点在しています。笠置山にはアラカシ・クヌギ・アオキなどの広葉樹が自生し、木津川河川敷沿いには染井吉野などの桜の木が植えられています。ちなみに笠置山自然公園にはもみじ公園があり、毎年11月にはライトアップが行われます。(要確認)笠置山自然公園はハイキングコースになっています。笠置山自然公園は1932年(昭和7年)に国の史跡・名勝に指定され、1964年(昭和39年)に京都府立自然公園になりました。笠置山自然公園は日本さくら名所100選に選ばれ、笠置山は京都の自然200選(歴史的自然環境部門)に選ばれています。
*参考・・・笠置山自然公園(アクセス・歴史・・・)笠置山自然公園(アクセス・歴史・・・)

【笠置山自然公園桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
笠置山自然公園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る