吉祥院天満宮

吉祥院天満宮

吉祥院天満宮(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)吉祥院天満宮がある場所は菅原道真が845年(承和12年)に誕生し、18歳まで過ごしたと言われています。その為道真の臍の緒を埋めたと言われる「胞衣塚(えなづか)」や道真が参朝の際に顔を映したと言われる「鑑(かがみ)の井」があります。

【吉祥院天満宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市南区吉祥院政所町3
最寄り駅・バス停・・・吉祥院天満宮前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは42系統(C4乗り場)
*四条烏丸からは43系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR東海道線の場合、最寄り駅は西大路駅(徒歩約15分)

【吉祥院天満宮 拝観時間・時間(要確認)】
自由
年中無休

【吉祥院天満宮 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【吉祥院天満宮 歴史・簡単概要】
吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう)・吉祥院の天神さんは794年(延暦13年)桓武天皇による平安京遷都の際、菅原道真(すがわらのみちざね)の曽祖父・土師古人(はぜのふるひと)が天皇から賜って邸を構えた場所です。その後道真の祖父・菅原清公(すがわらのきよきみ)が遣唐使として唐に向かう際に嵐に遭ったが、吉祥天女の霊験によって難を逃れ、菅原家では吉祥天を信仰するようになり、自邸内を吉祥院に改めました。なお道真が左遷された大宰府で亡くなり、吉祥院に聖廟を築いたが、934年(承平4年)朱雀天皇の勅願により、怨霊鎮魂の為に社殿を築き、道真の霊を祀りました。
*参考・・・吉祥院天満宮吉祥院天満宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【吉祥院天満宮 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
吉祥院天満宮の見どころは菅原道真ゆかりの「胞衣塚(えなづか)」・「鑑(かがみ)の井」・「硯之水」です。

【吉祥院天満宮 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-691-5303

【吉祥院天満宮 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【吉祥院天満宮 おすすめ散策ルート】
吉祥院天満宮からのおすすめ散策ルートは北東にある東寺(教王護国寺)を経由し、JRの線路を越えて、西本願寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、いずれも世界遺産である東寺・西本願寺を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお西本願寺の東側には東本願寺もあり、世界遺産だけでなく、そちらも一緒に散策してもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る