金戒光明寺紅葉ライトアップ2019/11/4~12/8(日程・時間・・・)

金戒光明寺紅葉ライトアップ

金戒光明寺紅葉ライトアップ2019(日程・時間・・・)を紹介しています。金戒光明寺ライトアップ・特別夜間拝観では白砂と杉苔の枯山水庭園である紫雲の庭がライトアップされ、水鏡に紅葉が映し出されます。また三門もライトアップされ、境内から京都市内を一望することができます。プレミアム拝観プラン・夕食付拝観プランもあります。(詳細下記参照)

【金戒光明寺紅葉ライトアップ2019 日程時間(要確認)】
金戒光明寺紅葉ライトアップ2019は2019年(令和元年)11月4日(月曜日)~12月8日(日曜日)17:30~21:00まで行われます。(受付20:30終了)
京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ2019京都紅葉名所

【金戒光明寺紅葉ライトアップ2019 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区黒谷町121
最寄り駅・バス停・・・岡崎道(徒歩約10分)、東天王町(徒歩約15分)
<
市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から金戒光明寺は100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは32系統、203系統
*四条烏丸からは32系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【金戒光明寺紅葉ライトアップ 歴史・簡単概要】
金戒光明寺紅葉ライトアップ・特別夜間拝観(とくべつやかんはいかん)は2014年(平成24年)から行われ、2017年(平成29年)に一度休止されたが、2019年(令和元年)に再開されます。紅葉ライトアップ・特別夜間拝観は紅葉が見ごろを迎える時期に行われます。ちなみに紅葉は例年11月中旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。
金戒光明寺ライトアップ・特別夜間拝観では白砂と杉苔の枯山水庭園である紫雲の庭がライトアップされ、水鏡に紅葉が映し出されます。また高さ約23メートルの三門(京都府指定文化財)もライトアップされ、境内から三門や京都市内を一望することができます。御影堂(登録有形文化財)では国内最大級の幢幡(どうばん)・吉備観音(重要文化財)・運慶作と言われる文殊菩薩をお参りすることができ、大方丈(登録有形文化財)では仕掛けのある虎の襖絵・伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼屏風(ぐんけいずおしえばりびょうぶ)」・法然上人(ほうねんしょうにん)ゆかりの寺宝を眺めることができます。ちなみに大方丈では毎日、邦楽の生演奏も行われます。更にアフロ仏とも言われる五劫思唯阿弥陀仏(ごこうしゆいあみだぶつ)もお参りすることができます。なお金戒光明寺ライトアップ・特別夜間拝観では30分早く入場でき、庭師・庭園コンシェルジュが案内するプレミアム拝観プラン(金・土・日曜日(要予約・30名限定))や夕食付拝観プラン(要予約)も用意されています。
紫雲の庭は2006年(平成18年)に大方丈に面する大池(鎧池)の周りに作庭されました。紫雲の庭は大小の庭石を使って、浄土宗の開祖・法然上人の生涯をゆかりの人やゆかりの地で表現しています。
山門は応永年間(1394年~1428年)に建立されたが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火で焼失し、1860年(万延元年)に再建されました。山門には第100代・後小松天皇による勅額「浄土真宗最初門」が掲げられています。
大方丈は1934年(昭和9年)に火災によって焼失し、1944年(昭和19年)に再建されました。大方丈には謁見の間・虎の間・松の間などがあります。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5~6度になると一気に進むと言われています。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィル(葉緑素)が分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。アントシアニンは植物において広く存在する色素、カロテノイドは黄・橙・赤色などを示す天然色素です。

*参考・・・金戒光明寺特別夜間拝観ホームページ

【金戒光明寺 歴史・簡単概要】
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)は平安時代後期の1175年(承安5年)に浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が比叡山黒谷(ひえいざんくろたに)を下り、草庵を最初に結んだのが起源と言われています。金戒光明寺は浄土宗最初の寺院で、当初白川の禅房とも言われていたそうです。法然上人は15歳で比叡山に上り、43歳の時に浄土宗を広める為に比叡山黒谷を下り、山頂の石の上で念仏を唱えた時に紫雲が全山にみなぎり、光明が辺りを照らしたことから草庵を結んだと言われ、紫雲山(しうんざん)光明寺の名称(山号・寺号)の由来になりました。その後法然上人が弟子で、白川門徒の祖・法蓮房信空(ほうれんぼうしんくう)に白川の禅房(本房)を黒谷の本房とともに与えたと言われています。鎌倉時代に金戒光明寺5世・素月房恵顗(えぎ)が伽藍を整え、紫雲山光明寺と号し、南北朝時代に金戒光明寺8世・我観房運空(うんくう)が北朝第4代・後光厳天皇に戒を授けたことから金戒の二字を賜り、金戒光明寺と言うようになりました。その後室町時代の1428年(正長元年)に第100代・後小松天皇から勅願「浄土真宗最初門」を賜りました。江戸時代初期に城郭構造に改修され、幕末(江戸時代後期)に京都守護職の本陣になりました。
金戒光明寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・金戒光明寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ金戒光明寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【金戒光明寺紅葉ライトアップ2019 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
金戒光明寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る