琴引浜

琴引浜(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)琴引浜は古くから知られ、戦国大名で、宮津城主・細川幽斎(ほそかわゆさい)は狂歌・「根上りの 松に五色の 糸かけ津 琴引き遊ぶ 三津の浦浜」、幽斎の息子・忠興(ただおき)の妻で、明智光秀の娘・細川ガラシャは和歌「名に高き 太鼓の浜に 鳴神の 遠くも渡る 秋の夕さめ」と詠んでいます。

【琴引浜 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京丹後市
最寄り駅・バス停・・・琴引浜(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。
*京都丹後鉄道宮津線・網野駅または峰山駅から丹後海陸交通バス

【琴引浜 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【琴引浜 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【琴引浜 歴史・簡単概要】
琴引浜(ことひきはま)は京都府京丹後市にある全長約1.8キロメートルの砂浜です。琴引浜は砂の上を歩くと「クックッ」と音を立てる鳴き砂です。琴引浜は中央からやや西側は「ドンドン」と音がすることから太鼓浜とも言われています。ちなみに鳴き砂は砂の主要成分である石英がきれいな海水などで洗われると表面の摩擦係数が大きくなることに由来していると言われています。琴引浜は波消しブロックなどの人工の構造物がなく、自然のままの姿を残した景勝地で、若狭湾国定公園・丹後天橋立大江山国定公園の一部になっています。なお琴引浜は2007年(平成19年)に国の天然記念物・名勝に指定されました。また琴引浜は1987年(昭和62年)に日本の白砂青松100選、1993年(平成5年)京都府の自然二百選、1996年(平成8年)に日本の渚百選・残したい日本の音風景百選にも選ばれました。
*参考・・・琴引浜(アクセス・歴史・・・)琴引浜(アクセス・歴史・・・)wikipedia琴引浜鳴き砂文化館

【琴引浜 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
琴引浜の見どころは波消しブロックなどの人工の構造物がない全長約1.8キロメートルの砂浜です。また琴引浜に自生するトウテイラン・ウンランなどの17種類の海浜植物も見どころです。

【琴引浜 連絡先】
電話番号・・・0772-72-5511(琴引浜鳴き砂文化館)

【琴引浜 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
琴引浜近くには2002年(平成14年)10月にオープンした鳴き砂をテーマにした琴引浜鳴き砂文化館があります。
琴引浜鳴き砂文化館

【琴引浜 おすすめ散策ルート】
琴引浜からのおすすめ散策ルートは琴引浜を端から端まで散策するルートです。琴引浜は片道30分弱で端から端まで散策することができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお琴引浜周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭(後祭)
  2. 久世駒形稚児社参
  3. ちまき(粽)
ページ上部へ戻る